英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクールの事業貢献度ウェブサイト価値スクールランキング of web site.
英会話スクールの事業貢献度ウェブサイト価値スクールランキング


オンライン上の企業活動を換算して総合評価

インターネットでは、誰もが情報発信者になれる。個人も企業も参加することができる。マンツーマンレッスンに特化したAtlasやGabaのウェブサイト価値はかなり高い。企業が個人の行動に与える影響はとても大きい。

所有から共有に移行している昨今、そんな静かな流れが進んでいる。カーシェアリングやシェアハウスといった、シェアサービスが注目されるようになった。多くのシェアサービスはインターネットを通じて利用・参加する個人を募集する。

そして日本でもさらにサービスの提供者とサービスを受ける個人の間にFacebookやTwitterなどのSNSをミックスさせる形態が増えている。たとえば、Facebookを経由することによっては自分のアカウントに認識機能を追加することができるようになったものがあるように、Facebookでは実名で登録しなければならないため、企業はこれを本人確認の代わりに利用している。

必ずしもSNSと連動しなくても企業がインターネットを利用してサービスを提供することは、もはや常識だ。広告媒体としての価値ももちろん高まっている。広告代理店大手の電通によると、広告費の合計は対前年比でほぼ横ばいだったのに対して、インターネット広告は約10%ほど増加した。あと数年でテレビを抜くとも予想されている。

このように、インターネットは個人の行動を大きく左右するメディアツールとしての地位を高めている。大手英会話スクールに見られるような旧来型の大量集客では、テレビコマーシャルや電車広告などのメディアツールで広く一般人への認知度を高め、DMや電話などで体験レッスンに誘導し、英語が話せない営業が個別に対応するという流れがあった。

一方、ウェブサイトを利用した集客方法はこれら一連の流れを通し円滑に進める役割を果たしている。同時に、インターネットだけで十分な集客ができる場合はテレビコマーシャルをやめることができ、オンラインだけの案内や集客が可能なときはそれも追加できるといったような柔軟性もある。

そのため英会話スクールのウェブサイトの価値はこれらを総合的に評価することが重要なのだ。

ウェブサイトが英会話スクールにもたらした事業上のメリットを費用対効果という単一の指標で表すことによって評価するアプローチだ。ウェブサイト価値とは、費用対価値と情報価値から成立する。

費用対効果価値は入学者のうちウェブサイトから情報を得た者の割合と合計ユーザーの参考度合いを把握し、それに対応する売上高を把握することで算出することができるようになった。情報価値はユーザーの閲覧頻度や閲覧ページ数、ウェブサイト上の体験レッスンの申し込み数などを把握することによってそれぞれGoogle アナリティックスによって算出できるようになった。詳しくは、http://www.google.com/intl/ja/analytics/


○調査概要

1 調査内容
スクールのウェブサイトやアカウントなどを通じたオンライン上の企業活動の成果を数換算して評価した。評価期間は2014年4月~2015年4月までの消費税率8%導入以降の1年間。調査は一般個人向けの活動を対象に行ったもので、法人向けの活動は対象外とする。

2 調査対象サイト
一般個人向けのレッスンを行う北海道・東北・関東・中部・関西の5つの地域に分け、それぞれの地域における有力スクールを選定し、調査対象とした(合計652校)。

3 調査方法
アンケート調査(インターネット上で実施、有効回答数16097人)および視聴率調査会社のシステムを利用して各スクールのウェブサイト価値を算出した。

○算出方法

ウェブサイト価値は、費用対効果への貢献度を評価した費用対効果価値と、企業やサービスのブランドへの貢献度を評価した情報価値に分けて評価した。

1 費用対効果価値
評価は以下の4つの手順で行った。1.閲覧者の規模を把握する。2.閲覧者に占める体験レッスン者数の割合を把握する。3.閲覧後に入学した入学者数を推定する。4.地域別に設定した売上価値単価を用いて評価する。

2 情報価値
スクールサイト(ブランドサイト、キャンペーンサイト、ECサイト、会員サイト)の閲覧ページ数に応じた閲覧価値と、スクールサイトやSNSアカウントにおける行動者に応じた行動価値に分けて評価した。

3 閲覧価値
スクールサイトの閲覧ページ数を把握し、ページ単価を設定して評価した。

4 行動価値
スクールサイトやSNSアカウントにおける英会話スクールを探している人たちの行動(キャンペーンやフォロー数、いいね!などの共有)を把握し、行動単価を設定して評価した。詳しくは、http://japanbrand.jp/product/we/


タイトルフィルタ     表示 # 
# 記事タイトル 参照
1 スクールランキング Atlasが2年連続で総合トップに 1~3位は不動 771
2 長期的な固定ファン育成のためにSNSメディアを活かす英会話スクール 578
3 費用対効果価値ランキング ネットとリアルを融合させ顧客満足度を高めるスクール 538
4 情報価値ランキング 自社ブランドの価値を高めるスクール 473
5 トリプルメディアの連携強化で会員数増加につなげるAtlasマンツーマン英会話 556
6 [倒産危険度コラム]倒産危険度の高い大手英会話スクールが5社6校!Zスコアでリスクを事前把握 253
7 [倒産危険度コラム]英会話スクールの倒産最新事情 208
8 [倒産危険度コラム]企業向けグループレッスン依存の末期症状 GabaとCoCo塾の経営危機 351
9 [倒産危険度コラム]銀行が注視する知らざれる依存構造 ベルリッツ、ECCの個人顧客情報約3000万人分が流失事件 277
10 [倒産危険度コラム]オンライン英会話救済案の落とし穴 上場企業のオンライン英会話、レアジョブとDMM英会話 301
11 [倒産危険度コラム]イーオンの教室閉鎖→統合に戦々恐々 統合でくすぶる社員と講師の淘汰 269
12 [倒産危険度コラム]大手英会話スクールに逃げ場なし シェーン英会話やECC、日米英語学院は学習塾ボーダレス戦争 430
13 [倒産危険度コラム]倒産危険度上位スクールの惨状から浮かぶ疲弊した本業と不正の横行 235
14 [倒産危険度コラム]ワースト上位スクールで表面化するずさんな大手英会話スクールの内部統制の実態 222
15 [倒産危険度コラム]経営者や社員の性格から業界内の噂まで危ない英会話スクールの見分け方 195
16 [倒産危険度コラム]全国で相次ぐ大手英会話スクールの教室閉鎖・統合 208
17 [倒産危険度コラム]持ち帰り残業で過労自殺した22歳女性の遺族がイーオンを損賠提訴 215
18 [倒産危険度コラム]大手英会話スクールには要注意!経営状態が危ないスクールのサイン 217
19 [倒産危険度コラム]倒産増加に対して求められる英会話スクールの新陳代謝 144
20 [倒産危険度コラム]矢野研究所のよる「語学ビジネス市場」に関する調査結果 2015年度 190
21 [倒産危険度コラム]日本全国の英会話スクール倒産・閉鎖リスク・データ分析のリリース開始のお知らせ 210
22 [倒産危険度コラム]ニセ英会話スクールの見分け方 183