英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home TOEIC攻略!最強の教材選び 文法強化で苦手意識を追い払う。初心者は難易度を見極めて選ぶ教材 of web site.
文法強化で苦手意識を追い払う。初心者は難易度を見極めて選ぶ教材
TOEIC攻略!最強の教材選び
2014年 2月 25日(火曜日) 00:00

英文法がよくわからないから、英語が嫌い、苦手。だから話すのも苦手。という日本人は多いだろう。中学高校の英語の授業のトラウマにより文法を間違えると恥をかく、という気持ちが先にたってしまうのだろう。


しかし、逆に考えると英文法さえ押さえておけば、発音が少し気になっても、自信を持って話せるようになるということだ。そのためにはどのような教材を選ぶのがいいのだろうか。


まずはスタートのハードルが低い本がおススメといえよう。そこで当コラムでおススメしたいのは「中学3年間の英文法を10時間で復習する本」だ。わかりやすい上に10時間という短い時間で復習が可能ならば英文法が苦手だった人にも克服できるだろう。


どんなに評価が高い英文法書もただ文字を追うだけではその知識はなかなか残らないが、音読すると体に残りやすくなるそうだ。聞きとった英語をそのまま書き出す方法ではニンテンドーDSの「もっと英語漬け」は飽きやすい人もピッタリだ。


英文法の教材選びは初心者は、英文法の全体像をバランスよく学ぶ必要があり、クセの強い本やエリアが狭い本は避けるべきだ。