英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ゼロからはじめる英会話入門習得ガイド [英語習得ガイド]翻訳アプリの比較 「Google翻訳」「エキサイト翻訳」「Weblio翻訳」「iHandy翻訳」 of web site.
[英語習得ガイド]翻訳アプリの比較 「Google翻訳」「エキサイト翻訳」「Weblio翻訳」「iHandy翻訳」
2017年 1月 06日(金曜日) 00:00

まず、文字翻訳アプリで押さえておきたいのは、英語→日本語の翻訳精度が高くないという点だ。今回の翻訳能力の検証では文意にそぐわない直訳がされることが非常に多かった印象があった。



「エキサイト翻訳」や「ihandy翻訳」でも、単語以外でも直訳的な表現を行う場合があった。他にも、原文の英語をそのまま表示するなど、どのアプリでも全文が完璧に翻訳されることはなかった。


しかし、「エキサイト翻訳」では、日本語→英語の精度の高い翻訳結果を示した。日常英会話などシンプルな英語表現でない限り、日本語→英語の文字翻訳を行う際は、語訳に注意することが重要なのだ。


次に、翻訳能力以外の点では、各アプリごとに特徴が違っていたことを書きたい。まず、使いやすさで優れていたのはGoogle翻訳だが、履歴が翻訳ページのすぐ下にあるため、ワイプですぐに確認することができた。


また、文字を入力すると、翻訳ボタンを押さなくても自動で翻訳結果が表示されるため、単語のミスに気づきやすい。音声で読み上げる機能は付いていないが、それ以外は使い勝手に優れたインターフェースを備えていることが検証された。


音声の出入力で優れていたのは、「Weblio翻訳」で、再生速度を選択できるのがト特徴的だ。また、発音が自然で聞き取りやすく、音声機能を重視する人には向いているだろう。


独自機能については、どのアプリも入力時にスペルミスを検知してくれるので、翻訳ミスを少なくすることができた。また、辞書や類語検索など、翻訳だけに留まらない機能があることも利便性が高い証拠となった。


他にもカメラで撮った文字を自動検知したり、スマホを横向けにすると閲覧専用モードになるなど、アプリごとに独自機能があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切だ。