英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ゼロからはじめる英会話入門習得ガイド [英語習得ガイド]欧米では環境、治安など総合的にカナダとオーストラリア、ニュージランドがおすすめ of web site.
[英語習得ガイド]欧米では環境、治安など総合的にカナダとオーストラリア、ニュージランドがおすすめ
2016年 12月 02日(金曜日) 00:00

欧米諸国の留学先でいうとアメリカ、イギリスというイメージが強いが、ほとんどの留学代行会社が推すのは意外にもカナダやオーストラリア、そしてニュージランドだ。


豊かな自然や生活環境、治安や安定した物価などあらゆる面で留学先には最適といえる。実際に、留学志望者の人気も高い。英語になまりがなく、クリアな英語が話されているカナダは特におすすめだ。


英語のなまりといえば、オーストラリア、ニュージーランド、そして東南アジア諸国などは、なまりの強い英語が話されている。留学先で現地のなまりが移ってしまう心配はないのだろうか。


これはオーストラリアやニュージーランドに共通して言えることだが、この2国の語学学校の講師はきちんとした研修を受けているので、アメリカ英語やイギリス英語のどちらかの標準的な英語でレッスンが進むのでまったく問題はない。


もちろん、アメリカ英語のエレベーターとイギリス英語のリフトなど、国による単語の使い方には留意するくらいは必要だ。


欧米諸国の英語圏にはその他にもアイルランドやマルタ共和国、ジャマイカなどの中南米やグアムやサモア、フィジーなど太平洋の島々にも留学先はある。


英語とフランス語が公用語のカナダではバイリンガル教育が盛んだ。語学留学も積極的に受け入れており、語学留学やホームステイ先も充実している。豊かな自然が広がり、治安も良好で欧米圏の留学先には最適だ。また、ワーキングホリデーで行く日本人も多い。


一方、アメリカといっても日本の面積の36倍と3倍の人口を持つ国なので、都市やエリアによるが、留学先には西海岸のサンフランシスコやロサンジェルス、シアトル、サンディエゴがおすすめだ。聞こうが温暖で日本にも近く、シリコンバレーやハリウッドなど文化の発信気でもある。