英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ゼロからはじめる英会話入門習得ガイド [英語習得ガイド]中学レベルの英語でも会話は十分に伝わる of web site.
[英語習得ガイド]中学レベルの英語でも会話は十分に伝わる
2016年 9月 09日(金曜日) 00:00

中学高校と6年間、ちゃんと英語を勉強したはずなのに、いざとなると全然英語が話せないなど覚えた英単語が出てこなかったり、使いたい言い回しを英語にできなかったりと、会話で言葉につまった経験から英語ができないと思っている日本人は多い。


英会話ができないと思う原因には、話したい言葉をそのまま英語にしようと思うことにある。知っている単語に置き換えて意味を伝えることで、知識量や単語数に頼らず、自分の意志を伝えられるのだ。


また日本人の場合、正解を言わなければいけない、と考えてきた固執感をまずは捨てることで英語を話せるようになるのだ。英会話というものは、知らない単語を無理に使おうとするのではなく、固執しようとせず、なんとか知っている英語に置き換えることでスムーズな会話になる。


英会話において、一番求められることは、お互いの意思が伝わることだろう。わざわざ難しい英単語や言い回しを使うことよりも、コミュニケーションを取ることを優先的に考えていくべきだろう。


スムーズに知らない英語を捨てる言い換えの理論は多くあるが、共通点としてシンプルな言い回しに置き換えることだけしかない。特に、具体的な動詞や形容詞が思い浮かばない場合、セリフや具体的なたとえ話を織り交ぜるテクニックは、会話の途中でつまってしまいそうな時にも有効だ。


他にも、固まった思考を柔らかくするために、子供に説明する視点を持つイメージなど、簡単ながら画期的で創造性のあるアイデアが必要になる。それには、例文を丸暗記するのではなく、自分で知っている単語を組み合わせて文章を作れるようになるのが理想的だ。