英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ゼロからはじめる英会話入門習得ガイド [英語習得ガイド]英会話はまずリスニング強化から始め、TOEIC600点が最低目安 of web site.
[英語習得ガイド]英会話はまずリスニング強化から始め、TOEIC600点が最低目安
2016年 8月 05日(金曜日) 00:00

いざ英会話を始めようと思っても、何から手をつけていいのかわからない。そんな人には、TOEICがある。TOEICは、600点まで英会話に必要なリスニング力を含めた英語の基礎力が問われる段階でもあるからだ。



英会話の実践を前提とするならば、TOEIC600点くらいの英語力は最低限必要だろう。逆に言うと、英会話の基礎学習の手段として、TOEICスコアを目安にするのは短期目標設定としては非常に効果的だからだ。


しかし、単語や文法を覚えるだけの勉強はおすすめしない。ポイントは、英語を聴き取り、すぐに復唱することだ。シャドーイングなど、聴いた英語をすぐに復唱することは聞く、話す技能の同時学習にもつながり、効率的な学習をすることができる。


また、リスニングを苦手とする初心者の方は多いが、それだけに伸びしろは大きく、スコアアップにも貢献しやすいのだ。


リスニング力は英語の4技能で一番重要な技能。英語学習は耳が英語に慣れることで、一気に理解力も上がる。聞く→話すを繰り返すことで、正しい発音も徐々に身についていく。地道なトレーニングから基礎を固めていくのがおすすめだ。


TOEICは英語の基礎力あっつ¥プだけでなく、英文そのものを覚えることで、実践力を上げることができる。特に活用したいのがパート4の英文だ。状況別に長めの文章で構成されるこのパート4は、丸暗記することで実践でも使えるフレーズが身につけられる。


単純に語句を覚えるだけでなく、状況を想定して吸収できるので、頭に入りやすいのもポイントだ。600点突破後もTOEICでの英語学習は英会話力のアップにつながる。