英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 中学・高校英語の2000語から始めるビジネス英語上達法 1ヵ月でTOEICスコアを100点あげるアドバイス④ TOEIC600点台 of web site.
1ヵ月でTOEICスコアを100点あげるアドバイス④ TOEIC600点台
2017年 9月 11日(月曜日) 00:00

英語とは、コミュニケーションツールのことです。英語で人にものを伝える喜びを知ることが、600点台からさらに上を目指す原動力になるのです。


そのメソッドは、TOEICテストのパート3と4を使って、会話を学習に取り入れるのが特徴です。


よく通訳養成所などで行うことが多い反応(レスポンス)を鍛えるレッスンがあります。これは、CDの会話文を聞きながら問いかけの英文に対して自分なりの英語で即座に答える練習法です。これを繰り返すと、リスニング力が上るだけではなく、相手の言葉に即座に応じる瞬発力がつきます。


何より英語で誰かと会話をしているようで楽しいのですが、自分で即座に英文を考えるのは至難の業です。そこでシャドーイングを組み合わせるのです。文字通り、影のようにネイティブスピーカーの発音のすぐ後を追って復唱する練習です。


その際、テキストは見ないで、パート3や4の会話やトークを聞きながら実践してみましょう。自分自身の言葉で話しているような感覚が得られればOKです。ある程度理解した後、通訳練習である反応(レスポンス)に入ると理解力がアップします。


日本人は基本的に、誤答を許されない教育方針に慣れています。これが語学学習でも、日常のコミュニケーションでも楽しむ下地を損なっているというのが根底にあると言われています。ことTOEIC対策においてもただスコアを取るだけのやり方に特化していては、英語そのものを好きになることはなく、長い目で見れば成長にも繋がりにくい、スコアも伸び悩むというわけです。300点、400点の段階でも会話を楽しむ学習は取り入れるべきなのです。


一方、リーディングについてはどうでしょうか?TOEICは読む量が非常に多いので、いちいち頭の中で日本語に翻訳していては、最後までこなせません。英語の語順のまま読んでいくトレーニングが有効になります。


ここでオススメは、意味のかたまりごとにスラッシュを入れながら英文を読んでいくスラッシュリーディングです。このやり方によって英文と日本語訳の語順を入れ替えずに読めるようになります。


さて、公式問題集の欠点をあえて挙げれば、訳がこなれすぎていることです。ブロックごとに意味を捉えていく練習をしましょう。スラッシュを入れるところは、ここで切らないと伝わりにくいと感じるところです。


修飾がついた主語の後、前置詞や不定詞、接続詞の前などですが、あまり神経質にならないように注意しましょう。目的は、あくまでも頭から読む癖をつけることです。日頃からの訓練が700点突破の秘訣になります。


速く読むためには語彙も増やさなければなりません。公式問題集のパート5や6,7の英文を冒頭から読んでいき、つっかかったところをマーカーでチェックするやり方をお勧めします。読みながら文章を捉え、わからない単語が1つでも出てきたらすぐにマークして、冒頭からやり直すのです。


最初はおそらく、知らない単語が100以上出てきますが焦らなくても大丈夫です。徹底して繰り返していけば覚えられます。一番ダメな学習法は、単語だけを書き出して覚えようとすることです。そのやり方で必ず伸び悩んでしまうのです。


単語というのは、生ものです。文章の中でこそ生きるものなのです。前後の繋がりと併せて覚えなければ、実際に読んだり聞いたり話したりすることはできません。