英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 大手英会話スクールのインストラクターの出身地 of web site.
大手英会話スクールのインストラクターの出身地
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2010年 1月 08日(金曜日) 12:00

普通、英会話というと、キングスイングリッシュ、つまりイギリス英語が、英語の王道であり、イギリス人に習うのが正しい発音を覚えられるからいい、というのが常識というか、定説だったのです。

ところが、現実的にはいまや英会話スクールのインストラクターは、オーストラリア人が多く、次にアメリカ人、ニュージーランド人、カナダ人などで、イギリス人は比率からすると少なくなっています。
日本に来るイギリス人が減っているというわけではなく、英会話スクールがあまりにも多くなっていたために、とてもイギリス人やアメリカ人、だけでは足りなくなったという理由もあります。

それにオーストラリアやニュージーランドはビザの関係で日本と協定があり、日本に来やすいということもあります。
オーストラリア人がこれだけ増えてきているということで心配なのは、オーストラリア訛り、つまりオージー訛りが出るのではないかということですが、それは大いにあります。
現地採用した外国人を来日させてから、一定期間研修させるのですが、そのほとんどは「訛り」を矯正して、標準的、つまりイギリス人の英語に近い発音にする訓練をする英会話スクールが多いのです。外国人のなかにも「訛り」の強い人はいます。

日本でいえば、東北の人が東京に出てきて何10年住んでいてもなかなか訛りが抜けない人がいるのと同じです。
でも、そんな英語の訛りがあることが分かる生徒はよほど英語に慣れているので、そのこと自体はどうってことはありません。
よく生徒の解約の理由に、インストラクターの訛りがひどくて、悪い発音が身についてしまう、というものがありますが、そんなに発音のことがよく分かるくらいの英語力があれば、何も英会話スクールなどに通わないで、外国人の友人でも作って自由にいろんなことをしゃべればいいし、その方が上達も早いと思うのです。

たしかに、生徒が不満を持つことはある意味では理解できます。というのも、たいていの英会話スクールには、上達の基準として「外国に行って、ネイティブの人と変わらずしゃべれる」というのがあるからですが、そんなことは日本の英会話スクールでいくら勉強していっても不可能なことです。

いくら英語を母国語にしているからといっても、それぞれの国によって発音は明らかに違うし、その国の中でも地域によっては多少違うこともあります。ですから、旅行者が使う範囲で、相手も自分が旅行者だという認識の上で通じることと、その国の人間と同じレベルで話せるようになることというのは違って、いくら日本の英会話スクールでペラペラになろうとも、その土地に何年間か住まなければそれは不可能なことです。

そんな中学生にでも分かるようなことを、いかにも本当にネイティブと同じレベルでしゃべれるようになる可能性があるなどと大手の英会話スクールが言うのはおかしな話なのです。大手英会話スクールのあやしさが分かるというものです。