英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 大手英会話スクールの外国人インストラクターの集め方 of web site.
大手英会話スクールの外国人インストラクターの集め方
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2010年 1月 01日(金曜日) 12:03

インストラクターとは、つまり英会話スクールにおける教師です。うちの場合、彼らは、現地で採用されて、日本にワーキングビザで来日し、一定期間の研修を受けてインストラクターになるものですが、ここ10年くらいはインストラクターを日本で採用する傾向の方が多いようです。

現地にはインストラクターを集める専門の会社があって、そこから定期的に人を送り込んでくることになっています。
 

よく大手英会話スクールのパンフレットに、海外拠点があると明記されているところがありますが、それはほとんどインストラクターを集めるためだけに事務所を借りているか、インストラクターを集める会社に、支部と称して、看板だけ掲げているだけということがほとんどです。ジオスなどは海外校とはいっていますが、現地の語学学校と提携しているだけで申し訳程度に小さな看板が日本語で掲げられるのをアメリカやオーストラリアでみたことがあります。


さて、どういう集め方をするのかというと、現地の新聞に、募集広告を出して、面接をして決めるというもので、集まる人は様々です。

元教員とか、教育関連の資格を持っている人はほとんどいなくて、もっぱら学生だったり、日本でいうフリーター、つまりニートが大部分になります。
採用する条件は、長時間日本に来れる人、犯罪歴のない人、感じのよい人、くらいでしょうか。いずれにしろ大した条件ではありません。

もちろん、日本語などはしゃべらなくてもよいですし、教員の資格など持っている必要もありません。

これが一応表向きの集め方ですが、ほとんどは日本で集めているのが現状です。

つまり、せっかく現地で採用しても、日本に来てまったく使いものにならなかったり、急にやめてどこかに行ってしまった場合や、急に生徒が増えてインストラクターの数が足りなくなったりした場合です。
そういう場合は、インストラクターが元インストラクターで、帰国せずにまだ日本にいる人にだれかを紹介してもらうとか、外人がよく集まるレストランなどに求人の張り紙をすとかの方法です。

英字新聞に求人広告を出せばすぐに人は集まりますが、現地採用を看板にしているところはそれは出来ませんから。秘密でなんとか人を集めるのです。