英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 ネイティブスピーカー以外の外国人に教えさせる大手英会話スクール of web site.
ネイティブスピーカー以外の外国人に教えさせる大手英会話スクール
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2009年 12月 04日(金曜日) 12:00

英会話スクールの最大の売り物のひとつに、ネイティブスピーカーによる、本物の英会話を身につけることができる、というものがあります。 ところが、入学するやいなや、いきなりフランス語圏から来たアフリカ系のインストラクターが教える、詐欺のようなスクールがあるのですから驚きです。

そのスクールによると、まず英会話は基本的な文法を覚えてからスタートすべきだ、とかなんとか言っていますが、要は外国人インストラクターの節約なのではないかと思うのです。

確かに、会話といえども文法を知らなければ、最終的にネイティブスピーカーと同じようにしゃべれる、充分なコミュニケーションが出来るまでにはいかないかもしれません。しかし、そこまで必要な人がどのくらいいるか分からないし、第一、中学校で習うような文法をもう一度習って生徒が面白さを感じるでしょうか。やはり、英会話スクールに高いお金を払って通うような人は、いままでの学校にはなかった楽しさを求めているのではないかと思うのです。

文法などというものは、自分でも充分に学習出来ます。 英会話スクールは、ネイティブスピーカーによる、生きた英語に触れられるからこそ存在意義があるのでしょう。

それを忘れて、単にインストラクターの節約のためだけに、ネイティブではない外国人に教えさせているとしたら、それは自分で自分の首を絞めているようなもので、やがて生徒にソッポを向かれることは確実でしょう。

英会話スクールが生徒に対して誠意を示す唯一のことは、優秀な外国人インストラクターを揃えることではないでしょうか。そうしないと100%英会話スクールの未来はないと思うのです。