英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 ローンのクレジット審査でもめたサラリーマン of web site.
ローンのクレジット審査でもめたサラリーマン
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2009年 8月 07日(金曜日) 12:35

うちが使っているクレジット会社は、いわゆる信販会社で、それほど審査は厳しくありません。というより、ブラックリストに載っていなければ何の問題もなくローン審査は終わります。その間、要する時間は5分くらいで、客が初めてうちに来て、入学に承諾したら、その帆のうちに何十万円もするローンを組むはめになるのです。

ところが、クレジット会社の審査が通らない人がいます。ブラックリストに載るような人は英会話をやろうなどとは思わないのか、そういう人はほとんどいませんが、以前そのクレジット会社と揉め事があった人は、クレジット業界のブラックリストに載らなくてもそのクレジット会社は利用できなくなります。

そういう人がこのご時世ですから多くなってきています。
わたしたちの目の前で恥をかかされるのですから、どういう気持ちがするでしょう。

なかには、クレジットを断られて切れた人もいます。そういう人が、つい最近いたんです。その人は、自営業の36歳の人で、輸入品を扱っていて、商売の上でぜひ英会話を上達させたいということでうちを訪れたのです。比較的すんなり入学したので、お金の話になり、やはり現金は無理なのでクレジット会社を利用するということになりました。すると、クレジット会社から、その人はダメだという回答が来たのです。

「冗談じゃない、俺はブラックなんかじゃない、どういうことなんだ。責任者と話させろ」

その人は怒りはじめました。クレジット会社の人は、その場でこれ以上話せない規定になっているということで、うちではそれ以上は追及できませんので、とりあえずその人には帰ってもらったのですが、あとでブランチマネージャーから怒られました。

「そんなもの、わたしに言えばすぐに調べられるわ。どうせ払い忘れか何かがあったのよ。どちらにしてもブラックリストに載っていない以上大したことはないんだから、帰しちゃだめよ。その人が自分で原因を突き止めてまたうちに来てくれればいいけど、たいていは来ないわよね。恥をかいたんだから。やはりこちらが相手の身になって考えないと。それが相手に通じてもっと大きな売上につながるのよ」

確かにマネージャーの言う通りだと思いました。せっかくの売上を逃したことが悔しくてなりませんでした。