英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話が上達しない本当の理由は、大手英会話スクールや学校英語の授業にある 中国人と英語 フィリピン人と英語<英会話が上達しない本当の理由> of web site.
中国人と英語 フィリピン人と英語<英会話が上達しない本当の理由>
2017年 3月 27日(月曜日) 00:00

私の友達に英語を流暢に話す中国人がいます。私は彼女にどうやって英語を覚えたのか聞きました。 アメリカの大学に行ってまで英語を勉強した私にしてみれば、「それだけ?」な感じなのです。

日本では中学校での3年間、高校での3年間、最低6年間は英語を勉強します。最近は小学校でも英語を取り入れるようになったので、プラス6年。合計12年です。12年間英語を勉強しても話せないということになります。こんなバカげた話はないでしょう。私は中国人の彼女に日本の英語教育の長さを伝えました。彼女は「そんなに長い間勉強してなんで話せないの?」と不思議そうでした。

彼女は日本のIT企業に勤めていて、新規の顧客開拓を任されています。外資系の企業に英語で電話することもあるようですが、電話に出た日本人はほぼ「e-mail, e-mail, please!」と言って、早々に電話を切ってしまうと言います。

12年間勉強しても英語が話せないのと、0歳から12歳までの母国語を獲得する過程を比べればはっきりするでしょう。日本の12歳の子供が道で「近くにコンビニはある?」って尋ねられてまごつくことはありません。

しかし、加えて大学でも英語を勉強して16年経ってもなお、道で外人に英語で話しかけられたら完全にテンパるのが日本人なのです。 今こそ、日本人が汚名返上する時です。12年間勉強してもなお英語が喋れない事を恥だと思えば、それこそ教育の方法を変える必要性も見えてきるはずです。羞恥心を逆手に取って有効に使いましょう。

子供を連れて2回ほどフィリピンのリゾート地へ行ったことがありますが、私が驚いたのは、英語が話せないフィリピン人に出会わなかった事です。貧乏な家庭で学校へも行けない子供ですら英語が話せるのがフィリピンです。

ホテルで働くウェイトレスの若い女の子にどうやって英語を覚えたのか聞いてみたことがあります。すると、第一に子守歌、それから聖書とこの二つがフィリピン人の英語の実力を支えていると言うのです。

では、子守歌のCDを英語で聞かせておけば、日本人の子供は英語が話せるようになるのでしょうか?そんな英才教育用の教材も出ているが機能しているとは思えません。では、キリスト教の信者たちは英語が流暢に話せるのでしょうか?というとそうでもないのです。

なぜなら、日本語訳されてしまっているからでしょう。フィリピン人の英語の能力の高さは、アメリカ統治時代の影響もあるのかも知れません。いや、日本も戦後GHQの統治下であったわけで、その理論は成り立ちません。 一体何が悪くて日本人は英語ができないのでしょうか。