英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話が上達しない本当の理由は、大手英会話スクールや学校英語の授業にある 日本人の最大の敵は、羞恥心<英会話が上達しない本当の理由> of web site.
日本人の最大の敵は、羞恥心<英会話が上達しない本当の理由>
2017年 3月 13日(月曜日) 00:00

さて、子育て中に私はあることに気がついたことがあります。私が母国語である日本語を覚える過程でだれか私に×を付けたのでしょうか?誰にも付けられていません。私の子供たちが中学生になってパッタリと英語を口にしなくなったのは、学校のテストで文法が間違えていると×をもらうからです。

恥の民族である日本人は、恥をかくのを極端に嫌います。間違えることを嫌うのです。残念ながら、その文化背景が日本人の英語アレルギーを誘発してしまうようです。私は娘が持って帰ってきた英語の答案を見て、なぜ×を付けるのか憤慨したことがあります。

言葉に間違いなど存在しません。「こんぷぅゆーうた」も私にしてみれば〇なのです。子供が言葉を覚えて行く過程で、×を付ける必要はないはずです。赤ちゃんにとって言語の獲得は自然な事なのです。 英語を話せるようになりたいという日本人はたくさんいると思います。

インターネットを開けば「聞くだけで英語が話せるようになるCD」や「フィリピン人のオンライン英会話教室」だのテレビやラジオ広告が流れています。需要があるから広告が存在するのですが、英語が話せるだけで羨ましがるのは世界中で日本人くらいなものです。

しかし、日本人のほとんどが学校で英語の授業を受けた経験が必ずあるし、中学校では簡単な長文読解ができるまで勉強します。それでいてなぜ英語を話せる日本人がいないのでしょうか。日本人の英語への憧れは確実にあるのに、達成できている日本人は少ないのです。

海外へ留学しないと英語が話せないのかと半ばあきらめてしまっているようにも見えます。もう一度言いますが私の奥さんは海外留学をしたことがありません。普通の人と同じように中学校と高校で日本で英語を勉強しました。それだけです。

彼女の祖父は大正生まれで、外語大学でロシア語を学び、戦争中は中国東北部の哈爾濱に駐留する日本軍でロシア語の先生やロシア人捕虜の通訳などしていたと聞きました。戦前の日本は外国語とひとくくりにしても、様々な言語を勉強する人が多かったのでしょう。

一万円札の福沢諭吉も元々は蘭学=オランダ語の翻訳をしていたそうです。先の大戦でアメリカに負けた日本は現在、義務教育の外国語科目では100%が英語になっています。主要五科目に英語が入っていて中学校と高校で徹底的に勉強させられます。しかし、将来に渡ってその勉強が生きることはほとんどないのが現実です。