英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話が上達しない本当の理由は、大手英会話スクールや学校英語の授業にある 大手こども英会話教室で英語を教える外国人の全てが悪循環に陥っている<英会話が上達しない本当の理由> of web site.
大手こども英会話教室で英語を教える外国人の全てが悪循環に陥っている<英会話が上達しない本当の理由>
2017年 1月 23日(月曜日) 00:00

こんな状況で、「小学校英語必修化」「若者への国際的な教育」「日本の海外進出」が、本当に可能なのかどうか非常に不安になってきました。永住する外国人講師達を批判しているわけではありません。

中には素晴らしい先生もいますし、地域に馴染み、感謝され、国際的な教育を牽引してくれている外国人もいます。ひょっとしたら英会話講師なんて、まだましなのかも知れません。特に東京には、本当に「こいつ何やって食ってんだろう?」と思う外国人が沢山います。

それも中心部の高いマンションに住み、昼間から酒呑んでたりしています。ここで単純に言いたいのが、 「外国人講師がいるから、必然と日本の英会話力が上がっている」 ということは錯覚でしかないということです。改善のスタート地点はまず、原点に戻ることが最優先でしょう。

英語教育促進と国際交流、これらのターゲットは日本の将来を担う子供、若者たちです。それを常に意識して、システムを構築すればいいはずです。いつも、大人の言い訳ばかり考えているから、今の現状があるのでしょう。学校側や担任と外国人講師との日頃のコミュニケーションも大切です。

雇用契約上、直接話せないなんていうのは論外です。そんなのでは、チームティーチングはできません。やるべきこと、それを実行するまでのチームワークと熱意が当たり前の様に必要です。たまに担任の英語力の低さが、外国人講師がいることで目立つので嫉妬したり、お互いのコミュニケーションの妨げになるようですが、ここも単純に考えて、国際交流の一環と担任も受入れ、外国人講師に正しい発音を教わるとか、フレーズを聞くとか、生徒の前ですればいいと思います。

担任自身が正しい学び方を生徒に示さず、恥ずかしがっている場合ではありません。その反対に、外国人講師には日本語を教え、独特な和文化を知ってもらうことで、バランスを取れば良いだけではないでしょうか?担任の変なプライドは不要です。なぜなら、今英語が話せないのは仕方ないからです。さっさと大人の都合を捨てるべきです。本当に生徒達のためを思っているならそうしているでしょう。