英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び 英字新聞を読んでみる of web site.
英字新聞を読んでみる
ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び
2015年 4月 13日(月曜日) 00:00

英会話の勉強を始めようと決心したら、英字新聞をとることをお勧めします。英字新聞を発行している新聞社では、毎年4月は特別に部数を増やして印刷するそうです。「英字新聞をとろう」と決意したものの、毎日必ず届けられ(てしまい〉、そうは読めない。


特に初心者の聞は辞書と首っぴき。日本語の新聞のように、電車のつり革にぶらさがりながら、というわけにはいかないのですから、あせる気持ちもわかります。それでもとにかく、とることをやめず、毎日、英字新聞を手にもって、家を出る習慣をつけてしまうことです。


電車の中や、学校の休み時間など、ちょっとした時聞に広げてみて、見出しやリード、あるいは社説のような解説記事、スポーツが好きならスポーツ記事、映画が好きなら映画欄のように、自分の興味のあるところだけを拾い読みするだけでもずいぶん違ってくるはずです。こうしてとにかく英語に親しむ習慣を身につけてしまうのです。


英字新聞を読むことそのものは、会話力をアップさせることには直結しないかもしれません。しかし、身近なニュースが英語ではどう表現されるのかを知るいちばんよい手段であることに変わりはなく、それを知っているかいないかで、会話の広がり、ふくらみが全然違ってくるはずです。


英会話学校でネイティブ・スピーカーと話をする場合でも、表現力がぐんと広がりますし、日本人の友だちとの聞の会話と同じようなトピックで話ができるため、それだけ講師との会話も弾んでいくことが期待できます。


英字新聞にも必ずマンガが掲載されているはずですが、その英語はしばしば、コンパクトな日常会話のエキスであることが多いものです。また、マンガには雨が降る音、犬が吠える声、車の警笛といったような擬声語・擬態語をどう表現するかという勉強には最適、という思わぬメリットもあるのです。