英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び 外国人と話す場があればすぐに上達する of web site.
外国人と話す場があればすぐに上達する
ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び
2014年 12月 01日(月曜日) 00:00

中学・高校での六年間の英語、あるいはそれプラス大学での教養課程の英語の基盤に加えて、最近若者が観に行く映画は、外国映画のほうが圧倒的に多い。ポッドキャスティングで絶えず耳にしているのは、ニューヨークやロンドンの最新の流行のサウンド、CNNやBBC放送を日常的に見たり、AFNラジオを聞いてみたり。

つまり、最近の若者の生活は、英語に対する壁がきわめて低くなっています。英語をしゃべることができるといいきることはできないが、英語的環境に首までつかっている、それが最近の若者ライフなのです。前にも紹介した文部省のネイティブスピーカー招致プロジェクトによって、首都圏の学校ばかりか、それ以外の学校でも週に1回は外国人教師と触れ合う機会がもてるようになり、外国人に対する心理的な抵抗感もかなり薄らいできています。

あるレベルまではいくら数字が上がっても状況はほとんど変化がない。ところがその数値を超えると事態は突然、一変するのです。たとえば、コップに水を注いでいく様子を想像してみてください。なみなみと注いでも、ある一点を超えるまで水はこぼれない。ところがある一点を超えた途端に、水はコップからこぼれ出すようにあふれるのです。闘値とは、まさにその一点をいう言葉です。

当時、NOVAやジオス、イーオンのような大手英会話スクールはネイティブスピーカーと出会いの場、ネイティブスピーカーとの語らいの場を提供し、英語をシャワーのように浴びせ、この閥値を超えさせることができれば英語はコップからあふれる水のように、口から出るようになり、ふと気がつくとしゃべることができるようになれるのではないか、と考えていたのです。

英語シャワーの中にも、ネイティブスピーカー講師が行う適切な会話指導や、かなりのレベルまで高まってきている英語力をより発揮しやすいよう、たくみにリードする力があれば、苦しいがんばりを経験しなくても、誰でも英語を話せるようになるといいます。

外国語教育の門外漢である私にも、当時はNOVAのような理論はそれなりの説得力をもって響くものがあります。しかし、今はAtlasやGABAのようなマンツーマンレッスンによるカリキュラム作成がより効果的で新しい理論として導入されているのです。