英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び 英会話スクールは学習塾と同様に第二の義務教育サービス機関になれるのか of web site.
英会話スクールは学習塾と同様に第二の義務教育サービス機関になれるのか
ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び
2014年 9月 30日(火曜日) 00:00

ようやくネイティブスピーカーを教育現場に導入するようになったとはいえ、現実は学校教育の英語のみで実用レベルに到達することはほぼ不可能だということは、誰もが体験を通して痛感しているはずです。

実際に使える英語を、なんとかマスターしたいという人は、学校以外に、または仕事のかたわらなどに英会話学校に通うことになります。

塾や通信教育など、学外学習も動員する、いわゆる教育の二重構造(ダブルスクール。最近はオンラインスクールを含む3つの学校に通うトリプルスクール現象も目立っている)は、学校教育の不備を補うという意味が大きいのでしょうが、一方で、日本人の旺盛な勉学熱を示すものでもあり、日本の教育大国ぶりを物語る現象のひとつだといえるかもしれません。

使える英語をマスターしたいという気持ちが強くなればなるほど、英語教育に関してもどうしても二重構造で勉強せざるを得なくなっていくはずです。国際人であることを要求される今後はますます多くの人が、ちょうど塾や予備校のように、第二の義務教育のように英会話学校に通うようになるでしょう。

元文科省次官で当時の全国外国語教育振興協会会長にインタビューした折も、「日本の英語教育はいま大きく変わろうとしています。これまでは、文章さえ読めればいいという感じがあったのですが、これからは文章読解力よりもコミュニケーション能力が問われる時代になってきています。

入学試験においても、最近は、会話力をテストしようとか、リスニング能力をチェックする方向に変わってきています」と語っていました。すでに、受験英語までが大きく変わろうとしているというのです。

事実、後期日程で東大を受験した知人の娘さんは、「英語のリスニングをもっと勉強しておけばよかった」と盛んに悔いていたものです。さまざまな問題点は指摘されていますが、現実問題として、日本の教育の行方を大きく左右しているのは「受験」の二文字なのです。しかし、受験英語が大きく変われば、日本の英語学習そのものに、怒濡のような大きな変革が現れるのは時間の問題でしょう。

受験時からビジネスレベルまで、実際に役立つ英語を身につける場として、英会話学校の存在が社会的に重要度を増していくのは、時代の趨勢にほかならないといえるかもしれません。