英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び インターネットは英語を媒介に進められる of web site.
インターネットは英語を媒介に進められる
ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び
2014年 7月 22日(火曜日) 00:00

IT革命後、インターネットは英語で書かれたサイトが80%を超えるようになり、長く英語を拒否してきたフランスでも、英語教育は必須のものとなりました。

今、世界中で第二言語としての英語が必須とされています。インターネットは完全に世界を繋ぎました。世界中のどこからでも、インターネット上にアップロードされている情報には、瞬時にアクセスすることも可能なのです。

しかし、そこには英語を理解できなければ、壁が立ちはだかります。日本人は、長くその壁に情報を阻まれてきました。また、その壁の為に、世界から取り残されることも多かったのです。

それがガラパゴス化と呼ばれる現象になり、それによって独自に進化した開発があったことも事実で、その特化した技術ゆえに更に世界に飛び出していくための武器になったものもまたあります。そのプラス作用を汲み出し得るのは、英語発想に依るところが大きいのではないのでしょうか?外部からの発想があるからこそ、ローカルに埋もれる文化を世界へ発信していけるのです。

日本は長く日本語の壁に守られてきました。それは、1億人以上の人口を持つ国家であるが故に経済においても自給自足が可能だったからです。しかし、これから人口が減少傾向にあるなかで、内需は縮小し、国内市場だけではビジネスが立ち行かない局面が更に増えていくことでしょう。その流れの中を先取りしたのが、大手アパレルメーカーのユニクロであり、IT企業の楽天であり、英語を社内公用語としたのです。