英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び 情報は世界を巡る“血液”みたいなもの of web site.
情報は世界を巡る“血液”みたいなもの
ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び
2014年 7月 15日(火曜日) 00:00

情報はいまや、世界をめぐる血液といわれ、情報が断絶すると、人体でいえば、脳梗塞や心筋梗塞を起こした場合のように血管が詰まり、血液が運ばれないためにその先の組織は壊死してしまう、という状態になりかねません。詰まった先が心臓部であれば、重度の心筋梗塞発作と同様で、即、死に直結してしまいます。情報の途絶はまさに致命的な問題なのです。

ところが日本では、情報の重要性に対する認識が浅く、最近になってようやく、日本でも、「情報スーパーハイウェイ」を設置しなければ21世紀の情報社会に完全に立ち遅れると認識し、大あわてにあわてているという状況です。あるスペシャリストによれば、日本の「情報ハイウェイ構想」はアメリカのそれから10年は遅れている。この情報加速化時代、その立ち遅れは20世紀の技術力でいえば、100年の立ち遅れに匹敵すると指摘されています。

なぜ、日本は情報の重要性についての認識を誤ってしまったのか。その理由は、国際語である英語力に著しく劣るため、常に日本は情報貧困、情報過疎国だったことにあります。

今後はさらにマルチメディアを駆使し、情報を120%活用する時代です。日本中どこにいようと、北は札幌から、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、福岡、沖縄までマルチメディアを媒介にすれば情報で結ばれていき、更に英語を駆使することによって政界へとつながっていくのです。

そんな時代にあって英語語力に劣ることは、かつてないほどの致命的な影響を及ぼすようになってくるのではないでしょうか。日本の将来にとって、英語力はなによりも重要な力のひとつとなってくることが予見されるというのは、こうした理由からなのです。