英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び 大きく変わってきた世界の仕組み of web site.
大きく変わってきた世界の仕組み
ほんとにあった!失敗しない英会話スクール選び
2014年 7月 01日(火曜日) 00:00

一国では通用しなくなった。しかし、世界がひとつのユニットにまとまるにはやや不信感がある。そんな時代を象徴しているのが、現在、急テンポで進みつつある、世界再編の動きでしょう。


第二次世界大戦後、世界秩序となっていた東西の冷戦構造は社会主義圏の崩壊であっけなく消え去り、その後はヨーロッパではEU(欧州連合=European Union)、北アメリカではNAFTA(北米自由貿易協定=North American Free Trade Agreement)、東南アジアでは日本・アメリカを包括したAPEC(アジア太平洋経済協力閣僚会議=Asian-Pacific Economic Cooperation Ministe rConference)とASEAN(東南アジア諸国連合Association of Southeast Asian Nations)などを次々と創設し、それぞれの地域の利益確保のための動きを強めています。

特にEUは、かつての世界の経済から文化のすべてに渡って絶大な影響力を持っていたヨーロッパの栄光よ再び!という思いを求心力に、歴史的には対立関係にあった国々が通貨や外交政策まで統一しようというもので、今日も加盟国の増加を続けながら、ヨーロッパに拡大しています。

アメリカも復権に向けて、北米(アメリカ・カナダ・メキシコ)を経済的に統一するNAFTAの確立に力を入れてきましたが、最近ではより強力な

力を秘めたアジア諸国とユニット化するほうに強い関心を示しており、最近ではTPP(環太平洋戦略的経済連携協定=Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)でも積極的な動きを見せています

このように、今後、世界の国々は国民国家一国単位で孤立して成り立っていくことは難しく、国境を越えた連携が必須になっていくということを、強く意識に留めてください。

そして、コミュニケーションの手段である英語はもちろん、意識の上でも国と国との垣根を外したクロスボーダーの思考で、精神的にも強い連帯感をもって、まとまっていかなければならない時代になったのです。

多様な国々の中でより共通項の多い国々だけがつながっていくという時代はもう終わっています。これからは、よりさまざまに違いを持った、一見、お互いに理解が難しい相手とも交流していかなければならないのです。その時には、相互理解を深めるために必要な思考を英語を通して手に入れることができるのです。