札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home of web site.
ビジネスで使える英語学習法(1) 洋画と海外ドラマを何度も繰り返して視聴する
最新のビジネス英語を学ぶ - 最新のビジネス英語を学ぶ
作者: Administrator   
2019年 8月 27日(火曜日) 00:00

最近、訪日外国人観光客の要望に対応できないことが増えているようです。新卒で入社したばかりの新人ホテルスタッフは、挨拶程度しか英語を話せないこともあり、外国人との会話を必要とする業務をさせてもらえないのが普通です。



ところが、人手不足の現在では英語の堪能なスタッフとペアで学ばされることもあり、いつまでも上司や同僚に頼ることができなくなっています。英語が話せるスタッフがいない時は、どうしても外国人客に対応しなければならないわけです。



当然、英語圏以外から来た外国人客であっても流暢な英語で話してくる場合があり、その質問が聞き取れないケースや理解できても英語で答えられないこともあります。



そのためには、外国人客の要望を聞き取り、それに応えられることを目標にして英語学習を始める必要があるわけです。まずは、外国人客との接触を増やし、会話に出てきた英単語やフレーズを覚えていくしかありません。



こうして英単語やフレーズを少しずつ増やしていき、自分の英語力を常にアップグレードしていくことが重要です。リスニングと発音は自宅や通勤時間でやるものですが、洋画や海外ドラマが最も使いやすいと思います。



以前、「英語音声・日本語字幕」で視聴した映画を、今度は「英語音声・英語字幕」で視聴することで、セリフの意味や発音を確認することができます。それを時間差で再び「英語音声・日本語字幕」で視聴することも効果があります。



それを毎晩寝る前に毎日続けると、ストーリーを全て覚えてしまうほどその映画に精通するようになり、好きな映画だからこそ何度も繰り返して観ることができるはずです。これによって、英語だけに集できるようになります。



最初の1週間、1ヵ月は集中力が途切れてしまったり、上達効果が感じられないため、映画を見ること自体がつらいと感じてしまうものですが、仕事で必要であるうちは何とかやり遂げることができると思います。



英語で会話ができない、という思いから解放されるためにも、まずは外国人客に英語で接するしか方法がないといっても過言ではありません。すると徐々に、外国人客の反応がよくなっていることに気づき、会話内容もわかるようになるはずです。



そうなればこちらのもので、次のステージに行くために会話レベルを少しずつ上げていきます。例えば、政治や経済分野、社会派ドラマなど難しそうな映画を視聴していくわけです。同じことを感度も繰り返すことで、外国人客の要望に応えられることができるようになります。



今や、業種を問わず、ビジネスで英語力が必須となりつつあります。仕事の現場で使える英語を身につけるためには、このような身近にある、しかも好きな洋画や海外ドラマでも利用することができるようになりました。