札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home of web site.
ビジネスで使える英語学習法(2) 好きな洋楽を何度も繰り返して聴く
最新のビジネス英語を学ぶ - 最新のビジネス英語を学ぶ
作者: Administrator   
2019年 9月 03日(火曜日) 00:00

仕事で英語でのやり取りをする抵抗感がある人はいますが、実は海外出張で通訳なしで対応できるほどの英語力を上げる方法があります。


英語が本当に必要な人というのは、海外企業との提携や連帯、取引先が増えたことが原因であることがほとんどですが、その必要性を改めて実感することが増えつつあるようです。実際に、英会話スクールに通う人も増えていることがわかりました。


そのレッスン内容は、英語をたくさん読んだり、シャドーイングを行うことです。しかし、忙しい合間に自宅学習を行うことは困難なことは明らかなので、自分の仕事を少しずつでも部下や同僚に任せることが必要になります。


このように、できるだけ英語学習の時間をつくりながら、昼休み時間や通勤時間にもリスニングを行うようにしていくしかないようです。当然、忘年会などの飲み会などはもっての外です。


そこまでやれば、海外企業と通訳を雇わなくてもこなせるようになるはずです。10年前とは異なり、英語はコツコツ続けることで必ず成果が出るような学習法がようやく世に出てきました。そのためには学習を継続できる仕組みが重要です。


これまで相手が話す英語をある程度は聞き取ることができたとしても、自分で発言する局面で言葉に詰まることが多かったと思われます。


特に、高いレベルの英語力が求められる業界では、コミュニケーションの問題によって仕事を受注できないこともあるようです。ところが、そう簡単には英語力は上がらず。英会話スクールのレッスンでも自分から意見を言うことが少ないのが現状です。


聞き役に回ることが多い人は、話す能力を求められるケースが多いようです。これは英語だけではなく、日本語であっても同じことが言えます。積極的に話すことは、上司や同僚、部下に対しても必要不可欠な能力として認められつつあります。


だからこそ、気持ちを素直に言葉にする、というようなことが英会話スクールでもテーマとなっています。文法力や発音に自信がないとしても、何とか言葉にして何度も実践を繰り返すしかありません。


前回は、洋画や海外ドラマを観る英語学習をお勧めしましたが、YouTubeで洋楽を聴いたり、カラオケなどで歌うことも効果があります。


好きな海外アーティストの歌は、ほとんどのカラオケに収録されているので、歌う前に小声で歌詞を口ずさみながら通勤するのもいいかもしれません。とにかく、英語学習を継続できるように楽しむ工夫が必要です。