札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home of web site.
英語にいつでも触れられる時代が到来①
最新のビジネス英語を学ぶ - 最新のビジネス英語を学ぶ
作者: Administrator   
2019年 7月 23日(火曜日) 00:00

最近、英語をやり直したいと思う人が増えています。しかし、漠然と取り組みだけでは挫折してしまいます。そこで、短期間で効果を上げられる英語学習法を考えていきたいと思います。



まず、英語学習を勉強し直す人がすることが英語の参考書を購入してしまうことです。その他にも、スマホアプリに手を出したり、英会話スクールに通い始める人もいます。



様々なアンケート結果がありますが、英語力の必要性を感じる人は年々増えており、日本企業がグローバル化に組み込まれ、大都市で外国人が増える中、そう感じる人の割合は予想以上に増えていく可能性があります。



この英語力の必要性を感じる中で、通学型の英会話スクールのサービスが充実し始めています。さすがに予約は必要ですが、簡単にレッスンが受けられる会員制システムが普及しています。



また、いつでもどこでも気軽に英語に触れられるスマホアプリもあり、英語環境はあって当たり前の時代になっています。ところが、英語学習に挫折した経験がある人は80%以上もおり、その理由に挙げられているのが、何を選べばいいのかわからない、ということです。



その他、自分に合った学習方法がわからないため、上達した実感が湧かないというものもあります。それ以上に、仕事が忙しくて英語学習の時間が取れない、というのが現状です。学習教材が巷に溢れかえり、オンライン英会話も開校しては閉鎖するばかりです。



さて、私は、英語学習というのは仕事と同じレベルで取り扱うものであると考えています。学習効果の効率を上げるには、時間、つまり質より量を増やすしかないからです。そこで注意することは、あらゆる教材やスクールに手を出さないことです。



目標を明確にした上で、英文法や文法、そして英語の4技能の中の弱点を戦略的に補っていくことが必要となります。そのために、教材やスクールが自分と関係があるかを認識することが不可欠になってきます。さらに、英語学習をどのように継続していくかも問われてくるわけです。



このコラムでも、最新のスマホアプリや英会話スクール、TOEIC教材などを紹介していますが、今度こそ挫折せずに英語学習を続けていける方法や心構えをお伝えしていければと考えています。



私自身、英語学習を10年以上継続させていますが、長く続けるためには具体的な目標設定が不可欠であると感じています。英語を使って交渉をこなす必要に迫られた時期もあり、聞き取りも満足にできなかったのですが、1年ほど集中したことがありました。



特に、こだわったのがシンプルな英単語とフレーズを覚え、論理的に話せるようになろうとしたことです。そのために相当数の洋画をむさぼるように鑑賞し、シャドーイングを行いました。交渉に必要なフレーズが掲載されている本も購入したほどです。



英語学習に必要なのは、上達を感じられないスランプの時期があるということです。学習開始から半年後に多いのが特徴で、いつまで経っても上達しないと落ち込み、通っているスクールをやめるようになります。



それだけではなく、別の教材を大量に購入したりする傾向もあり、学習の効率をさらに下げてしまう原因ともなっています。スランプに陥ったら我慢することも重要です。