英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英語のプロが決める身に付く英語学習方法 スカイプによる自宅学習、オンライン英会話の落とし穴① 「ピンからキリまで」 of web site.
スカイプによる自宅学習、オンライン英会話の落とし穴① 「ピンからキリまで」
2018年 11月 20日(火曜日) 00:00

DMM英会話やレアジョブなどテレビCMで話題になっているオンライン英会話ですが、最近は自宅でレッスンが受けられるようになりました。



そんなオンライン英会話スクールですが、実は年間100校が新規に参入しても数校しか生き残れないほど競争が激化している業界でもあります。



現在、100校以上のスクールがありますが、始めたいけれどどうすればいいのかわからない方や英語レベルに不安を持つ方も多いのではないでしょうか?



インターネット広告やテレビCMでなどで見かけるオンライン英会話は、ビジネスシーンでも大きな武器となる英会話がパソコンやスマホで手軽に簡単に、そして低価格で受けられるとあって、関心を持っている方も数多いと思います。



そこでまずは、複数の人気のスクールで無料体験レッスンを受け、「一体どういうものなのか?」「誰が先生なのか?」「本当に手軽にレッスンが受けられるのか?」などについて紐解いていくことにします。



基本的に、オンライン英会話はインターネット環境とパソコンかスマホさえあれば、どこからでもレッスンを受けることができます。しかも、朝早くから夜遅くまで開講しているスクールもあり、忙しい方やシフト制で勤務している方であっても都合の合う時間にレッスンが受けられます。



ただし、講師は英語のネイティブスピーカーではなく、厳密に言えば公用語として英語を話すフィリピン人がほとんどで、基本的にはマンツーマンレッスンです。今の英語レベルや目的に沿って習えることができるというわけです。



しかも、低価格で自由な時間で英会話を習うことが人気の秘訣というスクールもあります。各スクールの特徴としては、インターネット広告やテレビCMでお馴染みのDMM英会話やレアジョブの他にも、ECCやイーオン、Atlasマンツーマン英会話など数多くのスクールがあります。



気になる料金設定やレッスン内容はそれぞれ異なりますが、基本的には初心者をターゲットにしたスクールが多いですが、豊富な教材が特徴の産経オンライン英会話や英語ネイティブ講師がマンツーマンで教えてくれるイーオンやAtlasなどがあります。



さらに、カリキュラムは各校それぞれ特徴があり、料金は1レッスン500円程度と低価格路線を売りにするスクールが多いですが、実は月額料金制であることがほとんどです。例えば、月2回から1000円ほどでレッスン可能なECCなど、1000円単位でレッスンを受けられるスクールは意外と少ないというのが現実です。



他にも、忙しい月は休会できることもあり、比較的自由にマンツーマンレッスンを受けられるスクールがほとんどですが、日本語対応可能な外国人講師や、10ヵ国語以上の言語コースがあったり、教え方を指示できたりなど、各スクールの違いをまずはランキングサイトで確認する必要があります。