英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英語のプロが決める身に付く英語学習方法 ビジネスパーソンには英語学習の効率化が重要(1) of web site.
ビジネスパーソンには英語学習の効率化が重要(1)
2018年 10月 23日(火曜日) 00:00

英語学習には、「読む」「書く」「聞く」「話す」という4つのスキルが必要です。このうち、中学・高校で使った英語の教科書や問題集を読み込んできたのが日本人の共通点であると思います。



しかし、英語を話せるようになるためには、「話す」ための練習にどのように行うかが重要となります。文法の復習や単語の暗記などをマスターするよりも、まずは実際に発音し、話すことを意識したレッスンが必要です。



全ての英語学習は、「英語を話すため」と意識することで効率自体が大きく変わってくるものと思われます。それには英語をたくさん話すことができる英会話スクール、特にマンツーマンレッスンが受けられる環境に身を置くことです。



これから英語を話すためにはアウトプットが何よりも重要です。発音練習や音読など、より英語を話すことを意識した学習を実践していくことです。「読む」「書く」「聞く」時も必ず「話す」ことにくっつけて練習してください。



実際に、アウトプットしていくと、発話した時の風景や感情、その時の天候や雰囲気などの情報が頭に入ることがあります。単に黙読するよりも声に出した方が忘れにくくなるという科学的な証明もあるほどです。



また、英語の発音というのは、読み飛ばしたり、くっつけたり、などの複雑な口の開き方や舌の使い方があります。ただ、ひとつひとつの単語を覚えるのではなく、リスニングと同じ速さで発話することで、正しい発音に慣れることを目指すべきです。



さらに、毎日の練習の目標(数字を伴うもので、目的とは異なる)は量や回数で決めるというのも重要です。時間で決めると焦る気持ちが生まれやすく、学習効果を感じられなくなることがあります。



具体的には、ダラダラと10分リスニングをするよりも、5分で一つ新しい言い回しを覚えて、それが使えるように発音することに取り組む必要があります。



現代人は時間が取れないほか、残り時間を気にして集中できなかったり、途中で挫折してしまったりと失敗に繋がりやすい環境で暮らしています。時間はあくまで目安と考えてください。



練習は、新しいフレーズを覚える分量(回数)をベースに考えた方が達成感を感じやすく、長期的な学習計画を立てる時も、具体的に数字を伴うこと(指標)にして取り組んでみてください。自分で選んだフレーズ単語帳を作ることでアウトプットがより楽しくなることがあります。



仕事で使う英語フレーズをストックしていきましょう。ただし、単語の品格に注意する必要があります。取引先との商談で使えるようなフレーズかどうか、同僚や友達との間で使うフレーズかどうか、英語にも区別が必要です。



それにはまず、辞書で「正式」「略式」などの表記をチェックすることです。ビジネスで使えるのか、それともビジネスでは避けるべきか、結局は英和・和英辞書が全てのバロメーターになるということです。