英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英語のプロが決める身に付く英語学習方法 NHK英語講座の学習計画と英会話スクールの併用 of web site.
NHK英語講座の学習計画と英会話スクールの併用
2018年 9月 25日(火曜日) 00:00

NHKの英語講座(ラジオ・テレビ)を学習する前に押さえておきたいのが、英語というのはすぐに習得できるものではないということです。




短期間で英語がペラペラになるということは不可能であって、しっかりと腰を据えてコツコツと学習することが英語を習得するためには最も合理的な考え方だと思います。



それだけにしっかりと学習プランを立てることが最初の重要なステップとなります。NHKの英語講座だけを利用して英語を話せるようになることを目標とした場合、ひとまず5年が基準となると考えられます。



また、学校教育の影響のためにどうしても英文法からやり直したいという気持ちもあります。しかし、まずはある程度の会話力を身につけてしまい、そこから文法を磨いていくという方法はスムーズで効果が高いです。



そこで最初の1年目では、NHKラジオ・テレビ英会話で基本的な会話力を習得し、ダイアログのナレーションをじっくり聞いて声に出すと言うシャドーイングを何度もくり返し、リスニング力と英語の発音やリズム、イントネーションを身に付けていきます。



また、講座のまとめとして、英語を聞いてそれをノートに書きだすというディクテーションを行い、総合的な英語力を高めることも忘れずにトレーニングしていくことが必要です。



ある程度、英語に慣れた2年目にはNHK英語基礎2で文法を学んでいきます。この教材は中学生レベルの文法を学べるのですが、ここを押さえておけば文法の基本はもう十分です。中学生レベルといっても、かなり英文法のルールを忘れてしまっているので、ここできちんと再確認しておくことが求められます。



そして、3年目以降は応用力を養うフェーズに入っていくことからも、NHKビジネス英語に挑戦していくことになります。このレベルではダイアログが長く、表現方法や言い回しも難しくなるため、これまで培った英語力の底上げには最適です。実力によって入門と実践のどちらかを選び、自身の英語力よりも少し高いレベルを選ぶべきです。



総合的なプラン以外では、必ず毎日勉強して英語に触れることが重要になり、1日の勉強時間は2時間程度を基準に取り組んでいきたいところです。まとめて時間を確保するのが難しい場合、通勤や通学中、夕食後など空いた時間に分けて英語に触れる必要があります。



学習計画のポイントとして、NHK英語講座を学ぶ時、メインの教材を決めて、それのみを徹底的に学習するというものがあります。しかし、他の教材を使わずに、NHK講座だけで英会話力を身に付けることは不可能です。



英会話力は毎日コツコツと英語に触れることで養われていくため、一朝一夕で習得することなど不可能です。だからこそ、スカイプではなく街にある英会話スクールで、しかもネイティブによるマンツーマンレッスンを受けることが必要です。



くり返しますが、5年間で英語を話せるようになるためには、1日2時間程度の勉強を毎日休まずに続けていくことが必要であって、かなりハードな上、英語の勉強をいかに習慣づけられるかが成功への重要なポイントとなります。



5年を基準に学習計画をしっかり立てて、毎日しっかりと勉強を継続していくことが必要です。