英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英語のプロが決める身に付く英語学習方法 英語を話したいなら最低限の語彙と文法は必要 of web site.
英語を話したいなら最低限の語彙と文法は必要
2018年 9月 04日(火曜日) 00:00

ただ英語で会話するだけではなく、しっかりと自分の意見を主張するマインドでアウトプットを行う能力が、英語の正しいコミュニケーションと定義づけられつつあります。



言語学では諸説ありますが、英語は4000以上もある世界の言語の中で最も単語数が多いと言われています。多くの単語を覚えるほど円滑で知的なコミュニケーションが可能になりますが、まずは英語圏でよく使われている単語を効率良く覚えることから始めましょう。



そもそも英会話は失敗を重ね、恥ずかしい体験をすることで強靭な英語マインドが育っていくという仕組みです。間違えたら恥ずかしいという気持ちを捨て、まずは積極的にコミュニケーションを取ることから始まります。



流暢な英語を話せなくても語彙力があるならその分表現力も豊かになり、自信が生まれるという効果があります。また、人間は聞き取れる音しか口から発せられないということからも、正しい発音がするには、まず英語の音を正しく聞き取る練習が先決です。



そのマインドを支えるのが、ボキャブラリー力であり、正しい発音(発話)、そしてリスニング力ということになります。英語を話したいとのであれば、間違いのないコミュニケーションができる最低限の文法力と単語力から学び直していくのが最適であると思います。



それにはTOEICではなく、より世界的にはスタンダードとされているTOEFL対策の英語学習があります。単語の覚え方として、まずTOEFL対策本に掲載されている単語を見ただけで覚えることができるのなら良いですが、それで覚えられない単語については例文を音読する必要があります。



音読しながら単語を覚える方法は、例文を作りながら文法も一緒に学ぶことができます。例えば、これまでの自分の人生や経験に関係があった例文を作って覚えることもできそうです。



短くてもストーリー性のある例文であれば、過去の体験などがイメージとして頭に浮かび上がってくると思います。これなら挫折する確率をぐっと抑えることができるはずです。まずは最低限の文化的な英会話ができるようになることが目標になります。



TOEFLは、主にアメリカ留学のための英語テストなので扱う分野が幅広く、アカデミックな内容も多い特徴があります。そこでTOEIC用問題集と併せて学べばより多くの単語力・文法力が身につくことになります。



最後に、週に1回でも英語を話す機会を確実に作るならマンツーマンの英会話スクールがお勧めです。1時間3000円ほどの安価なレッスン料金であれば長く続けられ、あとはたくさん英語を話させてくれるネイティブスピーカーの英語講師に出会えれば万全です。