英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! 英語初心者だけが欲しい大手英会話スクールの事情 of web site.
英語初心者だけが欲しい大手英会話スクールの事情
2017年 11月 03日(金曜日) 00:00

大手英会話スクールの講師側にこれだけの事情があれば、生徒側に何もないとは言えません。


チケット制を謳う大手英会話スクールは、辞めたくても辞められないという、生徒を底なし地獄に引きずり込むかのような仕組みで、生徒の囲い込みをしているといいます。特に今は教室に通う生徒数が減っているので、一度入会したら絶対に離さないように、スクールの本部から現場がきつく言われている。


そういう状況の中でも、「向上心のある生徒」が、大手英会話スクールにとっては面倒な生徒という扱いを受けるのは納得のいかない話でしょう。初級から始めて2年ほど通い、もっと上のレベルを目指したい、もっと難しいことを教わりたい!といった英語への熱意は、

通常ならば歓迎すべきもの。しかし、そういった向学心旺盛な人を敬遠するのは、大手英会話スクール側のキャパシティを超えてしまうからなのです。


実際に、その英会話スクールでは中級以上、上級のカリキュラムは入学前の説明を聞いた際にはあったのに、レッスンを積み上げて自分が中級、上級に達した時に、「開講予定はない」と言われるという声も少なくない。


また、最上級クラスに入る人の数は限られており、その為のテキスト作りやカリキュラム作りに人手を割いていては、赤字になってしまうという経営側の事情もあります。


一方で、英会話スクールによって良い生徒というのは、「特に何か高い志があるわけでもなく、上のクラスに行っても、外国人講師と喋れればいい」という人だという。10年くらいずっと通っていて、かなり喋れるようになっていても、初中級ぐらいのクラスで満足して、特にハイレベルなテキストも必要ないという、金は出すけど口は出さないというタイプが一番重宝されるというのです。