英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話・語学スクールの選び方 決定版 サービスで比較 英会話スクールを徹底比較④ 講師が固定性/担当制 or 予約制/非担当制 of web site.
サービスで比較 英会話スクールを徹底比較④ 講師が固定性/担当制 or 予約制/非担当制
英会話・語学スクールの選び方 決定版
2014年 12月 27日(土曜日) 22:25

タイプ4 講師が固定制/講師が担任制 or 予約制/非担任制


■固定性と担任制、予約制と非担任制は必ずしも同時に存在するわけではないですが、方向性が似ているのでまとめてみました。

固定性/担当制 予約制/非担当性
イーオン Atlasマンツーマン英会話
ベルリッツ GABAマンツーマン英会話
シェーン ECC
COCO塾 NOVA
 

このうち、時間が固定性である場合、講師も担任制であることが多いようです。時間が予約制の場合多くはありませんが、講師は固定性という場合もありますが、基本的には自由に講師を選ぶことのできる形態が多いようです。

どちらのスタイルを取るかによって、経営方針が変わってきますので、スクール経営者の方は慎重に検討する必要があります。


■経営上、メリットの高いのは講師固定性/講師担任制だ。

 これは、時間と場所、講師を決めることによって、レッスンを確実にシステム化することができます。システム化することができるとばらつきのない回転率を見込むことができますので、収支計算が容易、かつ、高い確実性を持つことができます。

 サービスとして顧客のニーズによりよく答えることが可能なのは、予約制/非担任制だといえます。なぜなら、顧客側からは選びたいときに、選びたい講師でレッスンをすることができれば、束縛感を感じずにスクールに通うことができるからです。顧客ニーズには合っていますので、マーケティングで打ち出していくには固定性/担任制よりも強みがあります。運営次第では収支計算も確実性を上げることができるでしょう。


■固定性、予約制にかかわらず、
振替制を設けるかどうかはスクールにとって重要なポイントでもあります。

特に固定性の場合は、決まったクラスでレッスンが進んでいくためにレッスンそのものを振り返ることは時間的にも、講師的にも、中小規模のスクールならスペース的にも難しいものです。しかし、振り替えることがまったくできないとなると、サービス的にも、法的にも苦しい部分があります。

 一方の予約制では、振替を設けることは簡単ですが、期間に対する金額の比率を考えると、月換算の顧客単価は下がることになるので、経営上好ましいとはいい切れません。このあたりは、「その月内に消化」とか、「1ヶ月以内に消化」というような独自のルールを定めている場合が多いようです。

 振替はサービスとしては必要ですし、顧客は当然の義務と思っているでしょうから、まるで無視するという方法は無理はありますが、その内容をよく検討しないと思わぬ落とし穴にはまることになりかねません。


ECCGABAは時間帯を予約するというよりは、講師を予約するという方法が全面的で、人気の高い講師が予約も取れない状況に陥る反面、人気のない講師は淘汰されていくという興味深いシステムを取っています。

 今のところ両スクールもこのあたりは特化しているものが上手く機能しています。スクール独自のシステムを構築する必要性の高さが伺えます。