英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 留学経験ナシ!でもネイティブの友達からほめられる英語の学び方 ネイティブスピーカーの先生が明かした「日本人の英語が通じない理由」! of web site.
ネイティブスピーカーの先生が明かした「日本人の英語が通じない理由」!
留学経験ナシ!でもネイティブの友達からほめられる英語の学び方
2011年 9月 27日(火曜日) 00:00

私は社会人1年目の時に、英会話スクールでマンツーマンレッスンを受けていました。

ある日、ロビーでイギリス人の女性講師が、「日本人の英語が一番わかりにくいよね」と漏らしたことがありました。横にいたアメリカ人男性も「そうそう、日本人にはなんとなく話しかけにくい」と同調したのです。

その理由を聞くと、完璧に話そうとするあまり、言い直しが多くてなかなか最後までたどりつかない。小さい声で聞き取りづらい。黙り込んでしまう日本人が多い。発音が悪くて聞き取りづらい。

思い当たる方もいらっしゃると思いますが、日本人は真面目すぎるので、「正しい英語を話す」ことに重点を置いてしまう人が多いようです。しかし、聞き手にしてみれば、何度も言い直されるほうがイライラします。時制や単

語の表現など少しくらいミスがあっても意味は通じます。

話すときに一番注意すべきなのは、「いかに正しくカッコよく話すか」ではなく、「いかに相手に手間や時間をかけさせない」だと思います。相手のことを思いやって話せば、自然とリズムやイントネーションを大げさにつけますし、小声になることもないはずです。

国際的なコミュニケーションの場では、英語を母国語にしない人も多く、よく聞いてみると文法が間違っていたり、なまりが強かったり、意外とみんな適当です。

「恥をかく」ことを恐れずに、自信を持って話しましょう。「日本人はシャイ」というイメージはあなたに言い訳を提供しているワケではないのですから。