英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home TOEIC攻略!最強の教材選び 2014年後半のオンライン英会話スクール間の大きな格差とブームの終焉 of web site.
2014年後半のオンライン英会話スクール間の大きな格差とブームの終焉
TOEIC攻略!最強の教材選び
2014年 5月 20日(火曜日) 12:00

英語が上手くなるのは自分で英会話の勉強を続けられた人だけ。そして英会話スクールを上手く利用できた人。

3倍くらいの時間は家で勉強することが必要になるのだ。英会話の達人はそういうタイプの人が多い。

一方で、大金を支払い何もかも英会話スクールに丸投げで会話の達人になれた人は余りいない。他力本願や依存していては何も習得することはできないのだ。だから直ぐに英会話スクールに飛びつかず、最低1年くらいは独学で表現力やリスニングを養って英会話の基礎を作ってから入学を考えるのが賢明といえるやり方だ。


私の場合は、必要に迫られていたため、他の事よりも優先して英会話を勉強しなければならなかったから、独学で続けらたと思う。それでは続かないからスクールへ通うという考えの人もたくさんいる。そのような考えを私は理解したいが、モチベーション維持にかかるお金は結構高くつくのだ。

学校に通うよりも大事なのは本人のヤル気。それさえあれば9割方は揃ったようなものだろう。

2014年は、ますますマンツーマンレッスンの需要が見込まれるだろう。後半にグループレッスンとの割合もついに50:50になり、2014年4月1日からの消費税8%導入にも大きな影響を与えることになるのでオンライン英会話スクールの需要もさらにアップすることは間違いないだろう。

しかしオンライン英会話スクールは、そのほとんどが経営不振に陥るだろう。残るのは100校程度で、特にフィリピン人が教えるスクールでは自然災害の影響が大きな影響を与えそうだ。


こちらもグループレッスンよりマンツーマンレッスンの需要が伸びると見ている。またフィリピン人などの非ネイティブスピーカーの時代は終焉に向かい、日本在住のネイティブスピーカーの巻きかえしが期待できる。