英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 途中で止めてもらえば儲け物 of web site.
途中で止めてもらえば儲け物
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2009年 7月 11日(土曜日) 16:53

少し前までは、大手の英会話スクールにとっては、何らかの理由で途中でスクールを止めて、しかも解約をしない人が最高のお客さんでした。つまりお金だけ払って来ない人、お金を返してくれと言わない人が最高なのです。NOVA商法がそうだったようにゴースト会員で会社がもっているからです。

うちの場合だったら、来なければ、他の生徒をそのクラスに入れることができ、インストラクターの数も調整できます。たとえば、10人入り4人止めたら、本来2クラスのところを1クラスにすることだって出来なくはありません。だいたいうちのようにグループレッスン中心のクラス制のところは何回か休むとレッスンが進み、ついていけなくなり、結局止めることになってしまうことが多いのです。

フリーの予約制のところも、もし全体で100人の生徒が登録していても、実際に通ってくるのが60人だったら、40人分の教室とインストラクターの数が節約できるのです。

ただし一番いけないのは、来なくなって、しばらくしてからお金を返せ、と言ってくる生徒です。お金を返したのでは、せっかくの売上も下がるので何も良いことはありません。

ところが、最近はこういう無頓着な人が減り、来なくなったら、必ず返金をしてくれと言ってくるのです。入る時もじっくり考えて、比較して自分が納得しなければなかなか入学しなくなったように、止めるときも、言いにくいとかそんなことはお構いなく、返金をしてくれと言ってくるのです。