英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 こども英会話コースに泣かされる大手英会話スクール of web site.
こども英会話コースに泣かされる大手英会話スクール
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2009年 7月 11日(土曜日) 14:10

東京、神戸、名古屋などの一部の奥様達は、メルセデスベンツやBMWを乗り回し、ブランド品を買ったり、趣味の教室に通ったり、友人とおしゃべりすることが楽しみです。

彼女たちは、決して高級住宅街に住んでいるのではなく、例えば都内なら郊外からクルマで銀座や白金にやってきますから、当然子供はどこかに預けてくることになります。ところが、どうも彼女たちは、託児所に預けるというのは抵抗があるらしく、幼児教室やスイミングスクールに子供を置き、その間に自分たちはクルマを飛ばして遊びにいくのがパターンなのだそうです。

そこで私のスクールにも子供を置いていく母親が最近増えてきていますが、その母親がまあ、鼻持ならないというか、最初から「わたしとあなたたちは違うのよ」という態度がみえみえで、嫌な思いをしたものです。

「どんな人がインストラクターなんですか。その人の学歴を教えていただけますか」とか、

「うちの子供は幼稚園でイギリス人に発音を習っているので、イギリス人しかだめなんです」

などと言ってくるのです。さすがにお金のことについてはうるさくないし、現金払いで良いのですが、他の生徒が言わないことを言ってくるので「手を焼く」存在でもあります。

そういう母親たちは、子供をスクールに送ると、あっという間に消えて、レッスンが終わった頃にまさに「滑り込む」ような感じで迎えに来るのです。

中には、困った母親がいて、レッスンが終わる10分前頃に、「ちょっと遅れるので、子供を頼みます」と携帯電話からかけてきたりします。こういうことをする母親は、一度や二度ではすまなくて、毎回子供を見ていろと言ってくるので閉口します。仕方ないので、子供を空いているプレゼンブースという新規のお客様に営業をする場所に置いて、そこにビデオがあれば子供向けの英会話ビデオを見させたりして母親が来るのを待たせるわけですが、こちらは託児所の保母さんじゃないので、子供の面倒なんかみるわけにはいきません。それでも、「おねえちゃん、おしっこ」とか、「のどがかわいたからジュースちょうだい」

などと言ってくる子供がいて、けっこう手間がかかります。保育料をもらいたくなりますが、高いレッスン料をもらっていますから、そういうわけにもいかないので、ひとりくらいなら我慢もできますが、二人とか三人になるとさすがにキレちゃいます。

「あなたたち、静かにできないの」

と騒いでいる子供たちに怒鳴り声をあげてしまうこともあります。

自分たちは好き勝手なことをして遊び歩いているくせに、わたしたちに迷惑をかけているなんてまったく気にしないのですから頭に来ます。そのくせ、子供の上達には人一倍神経質で、

「うちの子、幼稚園の同級生よりちょっとしかうまく話せないじゃない。あんまり効果がないわね」

などと悪態をつくるものですから、思わずこちらも「あんたの子供だから仕方ないじゃない」と言い返したくなりますが、相手はお客さんですから喧嘩をするわけにもいかず、黙って母親の帰りの遅い子供の面倒をみているというのが子供英会話コースの現状です。