英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 大手英会話スクールに通う人は寂しい人が多い of web site.
大手英会話スクールに通う人は寂しい人が多い
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2010年 8月 13日(金曜日) 12:00
営業をしていてつくづく思うのは、寂しい人が多いんだなあ、ということです。

わたしたちの営業は、多分にプライバシーに深く入り込むことがあります。それがまた営業の成功につながるからですが、ひとたび営業を始めると、2時間くらいはしゃべっています。最初はこちらの方から様々な質問をしながら、客のことを探る(主に英語の関する出来事)のですが、そういう話をしているうちに、客の方から積極的に話すようになります。
人は誰でも自分の言うことを聞いてもらいたいと思っています。そこに、単に英会話の営業ということではなく、英語に対する自分の実体験を聞いてくれる人が目の前にいる。

過去にこんな恥ずかしい思いをした、留学して、ホームステイをした家のおばさんがせっかく教えてくれた料理のレシピを英語の読解力が足りなかったばかりに、半分くらいしか分からなかった、とかそういう話を聞いているうちに、そういえばこんなことがあったとか、その他のことにまで話が広がることも多いのです。

いくら営業の人間が相手とはいえ、やはり自分のおしゃべりを何時間も聞いてくれる、そんな体験が少ないのではないでしょうか。
特に女性より男性の方にこの傾向は多いようで、入学を承諾した後でもまだ話し足りないという顔をした男性は多いのです。
そういう人は、入学してからも、レッスンが終わったあとにやってきて、話したりします。女性は元来おしゃべりですから、同僚とも仕事の話ばかりでなく、いろんな話をしますが、どうも男性は、仕事仲間と仕事以外の話をすることが少ないのではないかと思うのです。

留学熱はまだ健在です

世の中不景気だというのに、うちのスクールには相変わらず留学したいから英語を習いたいという客が多く来ます。うちでは、通常の英会話レッスンだけではなく、TOEFLという留学に関する検定試験(レベルによってアメリカやカナダに留学出来る大学が決まる)の予備校というべきコースを設定していますが、これが学生やOLに人気です。

留学に対する渡航手続きや航空チケットを扱うセクションもうちにはありますが、これはすべて代理店として業務を行っているので自分で手続きするより相当割高になります。
いま留学先で一番人気があるのはやはりオーストラリアで、次にカナダ、アメリカといったところで、ひところ人気のあったイギリスは人気が下降傾向にあるようです。