英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。 大手英会話スクールのインストラクターの悩み of web site.
大手英会話スクールのインストラクターの悩み
ジオス・Aeon元スタッフが経験した英会話スクール裏事情。
2010年 3月 05日(金曜日) 12:00

インストラクターからの要望で一番多いのは、出来るだけレベルの高いクラスを受け持たせてくれ、というものです。
初心者のコースはほとほとくたびれるし、面白くない、というのがインストラクター共通の意見でしょう。

インストラクターは、他に言う人がいないので、わたしたち社員をつかまえては、そういう愚痴をこぼすのです。
わたしたちも彼らの言うことは理解できます。たしかに、初心者のクラスでは、言ってみれば赤ちゃんの言葉を教えているのですから、面白いわけがありません。

しかも、そんなことばかり半年間も教えているということは、面白くないを通り越して、神経衰弱になってしまうこともあるそうです。
次に多いのが、女が多いクラスにしてくれという男性のインストラクターからの要望です。

これはワガママの一種ですから、あまり取り合わないのですが、いつもおじさんばかりのクラスでは可哀想ですから、そうしてあげることもあります。
本当は、女性の生徒には男性インストラクター、男性の生徒には女性インストラクターというのがどちらとってもいいのかも知れませんが、日本中どこの英会話スクールにも女性のインストラクターの方が数が少ないのです。

そこでどうしても、男性インストラクターがおじさんの多いクラスを担当することになるのですが、それはあくまでも仕事ですから、仕方ありません。第一、インストラクターのワガママにいちいち付き合っていたら、スクールがまとまらなくなってしまいます。