英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール奮闘記 初めて話した外国人 of web site.
初めて話した外国人
英会話スクール奮闘記
2011年 3月 15日(火曜日) 00:00

初めて外国人と話をしたのは、いつだっただろうか。

私が生まれ育った宮城県仙台市は、昔は本当に外国人が少なくて、近所に外国人のお嫁さんが来たときは、それが噂になるくらいだった。


たしか私が面と向かって話した最初の外国人は、私の通う高校に交換留学生として来ていたアメリカ人の女の子。

同級生のH君が留学生の女の子と校内を歩いているところに出会って、言葉を交わしたのだった。

なぜそんなことを覚えているかというと、そのとき留学生の話していることが私にわかったから、なのだ。もっというと、H君にはわからなかったのに、私にはわかったから。

ここでたぶん、わからなくなったであろう皆さんに説明すると、私の高校は「普通科」「音楽家」があって、H君は「普通科」で、私は「音楽科」。その当時、うちの高校の「普通科」というのは東北でも1,2を争う優等生の宝庫で、H君は中でも上の方の成績だったと思う。

一方「音楽科」は、今はどうかわからないけど、私がいた頃は学業的に、かなり「普通科」の足を引っ張っていたレベル。

まあ「音楽」を専門的にやっているわけだから、「アホでもいい。何か楽器が弾けるなら」なんてことは誰も言っていないけれど、英単語を覚えるよりはピアノを弾いたり、歌をカラオケ状態で歌いながら遊んだりしていたわけです。

それで、留学生の女の子と話したとき(といってもお互いの言葉がわからないので、見つめ合って笑う時間が多いのだが)、「車の免許は持っている?(Do you have a driver license?」と怪しい英語で聞いたら、「イエスアイドウバットノーカー!」といった感じの音が返ってきた。つまり、さっぱりわからん。H君も同様で、二人で「もう1回」と言ったら、彼女はもう一度「イエスアイドウバットノーカーインジャパンー!


みたいなことを言ってくれた。
この時、わたしの耳は「プラクティス」らしき単語をキャッチした。日本語で言うと「練習」である。って、自慢げにいうほどの単語でもない。

それで「あー、練習してんだ?プラクティスね!」とそうとう日本語のままで言いつつハンドルを持つ真似をしたら、「イエス、イエス!」と彼女も嬉しそうだった。

こうしてつたないながらも、しばらく話みたいなものをしたのだけど、このとき思ったのが、「単語が拾えれば、あとはカンでわかる」。

そう、勘って大事。たった一つの単語から、いろんな連想を瞬時に行えばいいのです!

大変ですが、そこはそれ、昔から相手の気持ちをくみとって生きてきた日本人。弾が切れるまで、ヘタな鉄砲を撃て!という気概でいけば。

とはいえ、時に人は、予想だにしない主張を持ってるので、肯定と否定を間違えるような危険とはうらはら、でもありますが。

そしてもう一つ思ったのは、「学校の英語の成績と、英会話力は関係ないのかな」ということでした。

あの頃、英語のテストを受けたら、学年は同じでも間違いなくH君のほうが私より成績が良かったと思う。私も英語の成績は悪くなかったけど、「東大も検討範囲」の子にはきっと負ける。でも留学生との会話では、ほとんど差がない、どころか私のほうが先に理解できることのほうが多かったのだ。これが「生の英語」の初体験。