英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

TOEIC各スコア別対策

効率のいいスコアアップのために、TOEICの点数を大きく3つのスコア帯に分けると、それぞれの段階に応じた強化ポイントが判明する。


まず、スコアが400点に届かない人は、リスニング力を養うことで飛躍的に点数が伸びる余地がある。リスニングに特化した教材を使って、英語を聞きとる耳を鍛えるのが最優先事項と心得よう。


次に、スコアが400~730点の間の人は、総合的な基礎力を強化してスコアアップを狙おう。中でも、400点を少し超えるくらいのスコアの人は、文法が弱点となっているケースが見受けられる。基礎的な文法をきっきり復習することでスコアがアップするはずだ。

730点手前で足踏みしている人も実は多い。誰もが苦労するこのハ-ドルを超えるためには、総合力を鍛えることが重要だ。また、新公式問題集を数多く解くなどして実践力を養うことを忘れずに。

730点以上のスコアを持つ中級~上級者は、それぞれ弱点を強化することが重要だ。成績表に記された書く技能の習熟度を目安にして、自分に足りない能力を強化するためのピンポイントな教材を利用するのがいいだろう。


1 10点~400点→難しいと思いがちなリスニングこそ伸ばしやすい

2 400点~730点→文法をしっかり鍛えればドンとスコアが伸びてくる

3 730点~990点→成績表から弱点に対応する必須教材を割り出す