札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home コロナ時代の英会話スクール選び 英検の攻略方法は、知識の量と論理的思考、そして単語数 of web site.
英検の攻略方法は、知識の量と論理的思考、そして単語数
コロナ時代の英会話スクール選び
2021年 2月 09日(火曜日) 00:00

学生向けの英語テストというイメージが英検にはありますが、実はビジネスパーソンはTOEIC以外にも英検対策をしている人が増えています。

中学・高校・大学入試や企業でも評価が高まっており、TOEICに負けない実践力が身につくのが英検です。英語を使って仕事をする上で、必要な会話力や一般的な英語の知識を重視しています。

英検、2021年度の検定料を決定…英検CBT・英検S-CBTは統合

https://news.yahoo.co.jp/articles/4962730c168cf5b6184b40b3410d05710a43f2e7



そのため、国の教育や経済上の要請から重要度が再確認されています。



重要度が再確認されている英検合格のスキルを得るのに必要なのは、歴史と科学など一般教養的な知識です。また、グローバル社会で必要とされる問題解決能力を養うための話のポイントをつかむことです。



最近は、最新の時事問題よりも、論理的に表現するための英語運搬能力を重視し始めています。さらに、高校卒業までで学ぶ2級までの英語レベルから始め、1級では1万5000語の単語数が必要となります。



発信型の英語能力テストである英検は、中学・高校生向けではありません。英語で書かれている本やメールを読む力と同様に、会話力やグローバル社会で仕事をこなす上で必要な知識をカバーしているように思います。



例えば、TOEICはマークシート方式でスピーキングがなく、リーディングやリスニングという受診型のスキルが取られていますが、英検は英作文(ライティング)と面接(スピーキング)のテストがあります。



書くと話すスキルが必要な英検は、対策をしていくとグローバル社会で英語を使う上で帆つようなスキルを養うことにつながっていきます。実際に、2020年には大学入試にも導入が決定していましたが、先送りされています。



英検協会「緊急事態宣言」延長後も予定通り実施

https://resemom.jp/article/2021/02/04/60315.html



一部の大学からすでに試験的に始まっていますが、英検を英語の入試に置き換える学校はこれから増えてくると思います。英検は、級ごとにテストが分けられている合格/不合格判定制度です。



全員が同じ問題を受けるのではなく、自分の実力に見合った級を選んで受験していきます。準1級から急に難易度が上がりますが、2級までは高校までの英語レベルで対応できます。苦手意識の強い人は、まず中学英語を復習してから5級を受け、4級、3級と徐々にレベルを上げていきましょう。