英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英語のプロが決める身に付く英語学習方法 SNSやポッドキャストで学べる無料英語学習法 of web site.
SNSやポッドキャストで学べる無料英語学習法
2019年 6月 04日(火曜日) 00:00

無料で英語学習ができるツールは意外と多く、英語学習用ではないものでも効果があると思われるものを次から次へと使ってみる価値はありそうです。



ニュースサイトは、記事や動画、音声コンテンツも多くアップされており、英語に慣れるためには必須ですが、特に各国の公共放送局が最も合っているように思います。



幅広い様々なニュースから好きなものを選べることで、それぞれの国のアクセントやイントネーションの違いも聴くことができます。まずはYouTubeで興味のあるジャンルを検索し、好きな人物やコンテンツを見つけたら英語でも意味が理解しやすく、楽しみながら英語力を上達させることも可能になります。



一方、SNSのTwitterやポッドキャストは習慣的に英語に触れられるので、英語に慣れるのに役に立つと思います。自分の好みに合うものを選んで、どうにかして日常的に取り組むようにしたいところです。



SNSは、実はTOEICテスト対策に役立つコンテンツが多く、Facebookやインスタグラムなどでも英語ネイティブの英文を読んだり、交流したりすることでより密接に、楽しく英語とかかわることができます。



何といっても英語ネイティブの会話のやり取りが見れるため、俳優やアーティスト、経営者などのSNSをチェックするのも楽しく読めるはずです。そこで、まずは自分で近況報告を英語で書いてみることでアウトプットしてみるのも一つの手です。



リーディングの学習に活用できるとともに、英語で文章を書けばライティングだけではなく、文法力や語彙力の強化にもなります。実際に、総合的な英語力の向上にはとても有効なのがSNSです。



さらに、ポッドキャストではTOEICのパート3と4の会話・説明文を聞くための対策ができます。自動更新ということもあり、リスニング力強化には最適ですが、DLできてスマホなどで気軽に聞けるので上手に使っていきたいところです。



更新が多いと継続性につながることで、リスニング学習が習慣化しやすいのも特徴です。好きなものを選んでもいいですが、更新が多いものがおススメです。特に、2人組の会話のやり取りが参考になると思います。



最近では、ポッドキャストで音声速度を変えられるように、自分の音声の速度も変えられる機能が付いたものもあります。普段聞く音声を変える裏ワザとして、オーディオブックとして保存し、iphoneアプリで聞いてみるという方法もあります。



1.5倍速や2倍速など速度調整もできるようになったので、リスニングの聞き取り難易度も上げられます。このように負担をかけたトレーニングが重要で、会話文を聞く力が自然と養われるようになるということです。



その他、観光地や駅においてある英語のパンフレットなどもリーディング力に活用できます。パート7の読解問題などリーディング対策に効果があります。すでに知識があるため読みやすく、日常で使われている語句や表現が多く、読解力も身に付きます。



実際の外国人が読むテキストなので、文法や語彙、日常表現を身に付けることができそうです。英字新聞のJapan Timesではネット記事なら無料で読むこともでき、パンフレットの次は押さえておくべきコンテンツともいえます。