英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! TOEICテストを1日でも早く卒業するために of web site.
TOEICテストを1日でも早く卒業するために
2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! - 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め!
2018年 1月 12日(金曜日) 00:00

TOEICテストのスコアを求められるその多くは、忙しいビジネスパーソンのあなたでしょう。本来なら自分の業務に充てるべき時間を割いてTOEICテストに向けた勉強をするなら、1日でも早くハイスコアを手に入れて、TOEICを卒業するべきです。


ここでは、現時点のスコアで分類したスコアアップ学習法をご紹介いたします。


400点までのTOEICスコアの人は、「公式問題集で730点を目指すリスニング編」を参考にしてください。このスコアレベルの人が強化すべき点はリスニングです。英語初心者ほどリスニングに対しては苦手意識が強く、また、リスニングでスコアを落としているでしょう。


だからこそ、リスニングを強化することで、スコアは驚くほど上がります。また、このリスニング&音読学習をすることで、文法力や語彙力なども同時に引き揚げていく事が出来ますので、是非チャレンジしてください。


400点~650点のTOEICスコアの人は、学習意欲が高く、最もスコアが伸びやすい状況といえます。ここで見直すべきは文法力。文法の穴埋めを確実に行いましょう。


パート3とパート4の訓練法として有効なのが、音声を流しながら、聴いたことを繰り返して発音する「シャドーイング」です。


シャドーイングをする時は、先に和訳を読んで英文の意味を確認しておきましょう。いきなり音声だけを聞いて声に出してついていくのは難しいので、まずは英文を見ながら音読してからシャドーイングに移ると、取り組みやすくなります。もちろん、慣れてきたら英文を見ずにシャドーイングしてみましょう。


このシャドーイングは、リスニングとスピーキングに加え、英文を理解し記憶する能力が養われます。また、英文音声がないリーディング問題も、自分で音読しながら学習することで、英文の構造や文法をスムーズに記憶することができるようになります。


650点~800点のTOEICスコアの人は、英語の基礎力は身についていますが、語彙力の不足がスコアの足を引っ張っている状態。800点の壁を超えるには、リスニングと語彙力の強化を重視しましょう。


このスコアになると、リスニングはスコアが獲れている場合も多くありますが、それでも取り零しはあるはず。だからこそ、リスニングを完璧に仕上げることで、スコアは伸ばすことができます。


語彙力の強化は、上級者向けの語彙テキストの活用で対応したい。とにかく知らないことには太刀打ちできないのが語彙力の厳しいところです。音声付きのテキストで発音や例文をシャドーイングしながら、短期間に大量に語彙を頭に詰め込んでいきましょう。


この語彙暗記に関しては、1週間に100個を毎日繰り返して覚え、最終的に1000個を覚えることを目標にしておいきます。リッスン&リピートや、シャドーイング、そしてディクテーションと、学習方法を駆使して、頭に叩き込みましょう。


800点~950点のTOEICスコアの人は、文法力やリスニングには自信があっても、なかなか900点には届かないという人が多い。語彙力や実戦練習のさらなる強化が、950点超えの最後の一歩を踏み出すきっかけになるでしょう。


いよいよスコアが900以上~990点を目指す段階になると、帰って自分の苦手分野が見えにくくなることがある。そんな時は、もう一度TOEICテストの成績表の正答率や評価をチェックして、弱点を正確に把握しておきましょう。


リスニング対策としては、できるだけ幅広い英語に接することが満点への道となるので、公式問題集やTOEICテスト教材の音声素材だけでなく、ビジネスシーンを扱った英語の海外ドラマを活用するのもいいでしょう。


これは、リスニング力だけでなく、語彙力の強化にもつながります。850点以上のスコアの方は、新しい単語帳に覚えるべき語彙を求めるよりも、幅広い英語に触れて、その中で知らない単語を習得していく方が効率的になります。