英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! スキマ時間を効率の良い学習時間にする、オススメアプリ of web site.
スキマ時間を効率の良い学習時間にする、オススメアプリ
2017年版 英語を身につけたいならこれを読め! - 2017年版 英語を身につけたいならこれを読め!
2017年 5月 05日(金曜日) 00:00

忙しいビジネスパーソンのスキマ時間を効率よく使えるのが、便利な英語学習アプリです。けれど、あまりにも数が多すぎて、どれを使ったらいいのかわからないという人も多いではないでしょうか。ここでは、オススメの英語学習アプリをご紹介いたします。


英語学習アプリの3大メリットといえば、通勤中や仕事の合間の休憩時間等のスキマ時間で効率よく学習できる、つまり「手軽にどこでも学習できる」ことが最大のメリット。また、クイズ形式のゲームや興味のある動画を見ながら「ゲーム感覚で楽しく学べる」のも大きな特徴です。


また、英語レベルに合わせて内容を選べたり、学習履歴を確認できたりと「学習到達度に合わせて内容を選べる」ので、自分のペースで無理なく学習を進めていけるのもポイントです。最近では、読む・聴く・話す・書くの4技能を複合的に鍛えられるアプリも増え、ますます便利になってきています。


最初に紹介するのは、iOSのみの対応になりますが、「Real英会話」です。英語学習アプリの定番ですが、ネイティブが日常会話で使うフレーズを多数収録している他、リスニングやスピーキング、ディクテーション問題で総合的に英語力向上を目指せます。


「Real英会話」に使いやすさの面で劣るものの、Androidにも対応している「iKnow!

もオススメできます。TOEICやビジネス英語、旅行や趣味といった豊富なテーマから、自分の興味のあるものを選択して学習でき、学習形態も単語学習、リスニングやディクテーションとバラエティに富んでいます。学習履歴を確認し、繰り返し学習ができるため、学習到達度も把握しやすいアプリです。


よりゲームの強い英語学習アプリといえば、「英語組み立てTOWN日常編」。自分が市長となり待ちを大きくしていくというシムシティ的な要素の入ったアプリで、クイズに答えて表現力を鍛えることができます。


世界的なスピーチフォーラムTEDの動画を見ながらディクテーションできる、その名も「TEDICT」は、プレゼン能力と英語力を同時に鍛えられます。


TOEICに特化したアプリなら、「TOEIC presents English Uproader」がオススメ。IIBCが提供するポッドキャストの内容を一つのアプリに凝縮したもので、IIBC公式のアプリだけに、内容の充実度やわかりやすいフレーズ解説が満載です。

お勧めできるアプリを紹介しましたが、アプリはあくまでも英語力を高めるためのサプリメントのようなものです。運動しなければ身体が鍛えられないように、英会話が出来るようになるためにはアウトプットも重要です。