英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 名古屋英会話のスクール料金比較 of web site.
名古屋マンツーマン英会話教室の料金比較をしてみました!
英会話料金比較表 - 英会話料金比較表
2010年 1月 10日(日曜日) 16:59

名古屋英会話スクール料金比較表

英語の上達を効率的に進めるにはマンツーマンレッスンが最適です。
そのため、マンツーマンレッスンを受けられる英会話スクールのみを検証しています。
<評価基準はこちらから>

GABA
TEL:06-4256-7190 TEL:0120-086-144 TEL:0120-286-815
HP:http://peters.jp/ HP:http://www.ecc.jp/ HP:http://www.gaba.co.jp/
60分3000円の毎回払いでプライベートレッスンが受けられる、マンツーマン専門の英会話スクール。

大手英会話スクールのECC外語学院。英語以外の外国語コースもある。

マンツーマン専門の英会話スクール。レッスン満足度以上にレッスン料金の高さが気になるところ。
レッスン単価 レッスン単価 レッスン単価
3,000円
支払い方法:レッスン毎の毎回払い
16.274円
支払い方法:一括、分割払い
7,100円~
支払い方法:一括or分割
レッスン時間 レッスン時間 レッスン時間
60分
80分
40分
年間レッスン合計金額
週1レッスン(計年間48回)
年間レッスン合計金額
週1レッスン(計年間48回)
年間レッスン合計金額
週1レッスン(計年間48回)
144,000円
803,472円
340,800円~
入会金 入会金 入会金
44,800円
20,000円
30,000円
講師の質 講師の質 講師の質
ネイティブスピーカーのみながらず、第二言語で英語を習得した外国人・日本人講師を採用するなど講師の質は高い。
独自の研修制度があり、講師の質の維持には腐心している。
レッスン満足度の高さには定評あり。
一言コメント 一言コメント 一言コメント
マンツーマンレッスンの自由さを一番活用できるのがAtlas。
費用対効果も高く、英語初心者から上級者まで、すべての英語学習者に満足を提供できる稀有なスクール。
英語以外の外国語を同時受講できるのも魅力。
ECCは基本的にグループレッスンを主軸にしているせいか、マンツーマンレッスンは非常識なほど高額な設定になっている。
英会話スクールとしては評価できる部分もあるが、マンツーマンレッスンを対象とした場合は、選択肢に入れる必要は無い。
マンツーマン専門英会話スクールとして大手にのし上がったGABA。
レッスン満足度は高いレベルを維持しているが、金額の高さが足枷になっている。
TEL:052-972-0767 TEL:052-223-3907 TEL:0120-525-077
HP:http://etnavi.com/ HP:http://talkmate.jp/ HP:http://www.vigors.jp/
カフェスタイルのマンツーマン英会話スクール。グループレッスン専門英会話スクール英語放題も経営している。 名古屋伏見のマンツーマン専門個人経営の英会話スクール。 名古屋丸の内のマンツーマン専門個人経営の英会話スクール。「発音プログラム」を重要視している。
レッスン単価 レッスン単価 レッスン単価
3,000円
支払い方法:その都度の毎回払い
4,900円
支払い方法:月謝制
6,000円
支払い方法:一括or月謝
レッスン時間 レッスン時間 レッスン時間
60分
60分
40分
年間レッスン合計金額
週1レッスン(計年間48回)
年間レッスン合計金額
週1レッスン(計年間48回)
年間レッスン合計金額
週1レッスン(計年間48回)
144,000円
235,200円
312,000円
入会金 入会金 入会金
20,000円
0円
25,000円
講師の質 講師の質 講師の質
講師選考のポイントは日本滞在歴の長さと親日家であることを重要視している為、講師としてのレベルは疑問が残る。
専門性を持つ講師が多い。
無料体験レッスンを受けた印象で、講師は及第点。
一言コメント 一言コメント 一言コメント
とにかく英会話を楽しく習得しようというコンセプトで運営されている為、親しみやすさはあるが、それ故に講師がトラブルを起こしクレームとなる事案も絶えない。
また、講師の空き時間を活用した「英語放題」も運営している。
入会金・光熱費が0円と料金が抑えられている印象はあるが、年間のレッスン料金を考えると、特別安くはない。可もなく不可もない、ごく普通の英会話スクール。 個人経営の英会話スクールらしく、看板となるのは女性社長の佐川氏であり、彼女の人柄に生徒が集まっている様子。
英会話スクールの実力としては、ごく普通と言える。

評価基準について

レッスン単価:マンツーマンレッスン60分間で3,000円を基準にしています。(特に講師紹介サイトなどでは主流の金額となっている為)

レッスン時間:60分を基準とし、短い場合はBADとしました。40分のレッスン時間を採用しているスクールは大手に多く、そこには講師の稼働率を上げたいという経営サイドの事情があります。英語上達を優先した場合、60分間のレッスンの方が評価できます。

年間レッスン合計金額:レッスン単価×48回=年間レッスン合計金額です。一年間のおおよその目安として参考にしてください。英会話スクールによっては、月会費等が掛かる場合もありますので、各スクールに確認してください。年間20万円未満をGOODとしました。


入会金:20,000円を基準としています。スクールによっては入会金の有効期限にも違いがあり、1年間のみで翌年は更新料が必要な場合や、入会から5年間有効な場合などもありますが、今回は額面のみの比較としました。

講師の質:「英会話スクールの実力委員会」に寄せられた口コミ体験談情報や、委員会が実際に行った調査を元に評価しています。