英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 日本人に英語はいらない 1 頭の悪い人ほど大手英会話スクールに通う of web site.
1 頭の悪い人ほど大手英会話スクールに通う
2012年 3月 14日(水曜日) 17:31
英語を勉強すべきだと信じている英語信者の方は、小学校3年生から英語が必須科目になる、英語を社内公用語化にする企業が増えているというテレビやインターネット、雑誌新聞に振り回されているだけなのである。その情報が何をもって正しい情報なのかも検証せず、もちろん批判もせずに信じている。そのような人が、いまだに大手の英会話スクールでグループレッスンを週に1回ほど受けているのである。

英語だけをひたすら勉強することは、たとえて言うならば意味をわからずにお経を唱えているのとなんら変わりは無い。仏教で言う教えを理解せずに念仏を唱えるだけで救われるのであれば誰も苦労しない。

無意味な念仏を唱えることは、会社や学校での無意味で単調な事務作業を、いかに黙々と続けられるかに似ている。英単語や英文を暗記するにしても、仕事でルーティンをこなすのも、根本的には同じことである。上司や先生に求められることはいかに効率よく、早く暗記をこなすかというレベルの低い能力になる。何かを生み出す創造性のある作業ではない。

しかし、単調な作業を黙ってこなすことは、会社の命令に対しては従順とみなされることが日本では普通のことだ。会社にとっては何も文句を言わずに勉強する人も、仕事する人もありがたい存在かもしれない。

今までの日本企業は単なる歯車となる社員を求めていたかもしれないが、これからの時代は生き残りをかけた各業界の中でサバイバルできる能力を持っていないと厳しくなるといわれている。今後も景気はダウンサイズに陥るだろうし、そうなれば今まで以上に潰れる企業が増え、大手企業でもリストラは進んでいくだろう。

会社からリストラされたとき、英語しか勝負できるものがなかったら、転職することは難しいことは誰でもわかっている。企業とは勝手なもので、今は英語と騒いでいても、あと5年たてば違うことを言ってくる。団塊世代があと2,3年で全員退職すれば、企業は人材が足りなくなる。そこで経営者は英語ができなくてもいい人材でも採用するだろう。その時点になってからではもう遅い。

ましてや、同じ大手の英会話スクールに何の必要もないのに懸命に通う個人や法人は、残念ながら頭がいいとは思えない。

実際、大手英会話スクールで働いている女性カウンセラーも「英語が得意」「英会話教室でスタッフとして働いている」と胸を張って自慢している人と話してみると、話の内容は空っぽということがほとんどである。

それは通う生徒も同じ穴のムジナであるかのように似たような言葉を使っているのが特徴だ。共通していることは、何にしても疑問を持つ頭がないのである。英語では人間性まで高められない。

英語は何かを表現するための手段であり、大手のグループレッスンに通って英語を話すことが目的となってしまったら、このような薄っぺらい人間になるだけである。