英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home ベネッセ・ECCの個人情報流出事件を追え! 数千万円の価値がある狙われる子どもの名簿  of web site.
数千万円の価値がある狙われる子どもの名簿 
2015年 2月 06日(金曜日) 00:00

「希少価値が高く、もうけも大きい」

ベネッセの個人情報漏えい問題では、少子化が進む中で子供に関する名簿が「宝の山」として教育業界で取引されている実態が明らかになった。幼い子供の個人データは「高校、大学と長期にわたって使えるためうまみがある」(名簿業者)といい、今回流出した情報は「数千万円の価値がある」という業者もいるほどだ。

「教育業界の巨象から出た名簿なら、喉から手が出るほど欲しいと考える学習塾があっても不思議でない。実際に名簿を欲しがっている塾があるという話を聞いたことがある」。東京都内の学習塾関係者は、こう漏らす。

近畿の名簿業者も、「子供の情報は希少価値が高く、もうけも大きい」と説明する。この業者は「小学校低学年までの名簿はほとんど流通していない。うちも欲しいのが本音」とし、ベネッセから流出した情報の価値を「少なくとも数千万円」とした。


総務省によると、平成25年の18歳以下の国内人口は約2120万人。ベネッセから漏えいした可能性がある最大2070万件はこの数字をほぼカバーするほど膨大な「宝の山」だ。

塾業界は小中規模の塾を大手が次々と吸収合併し寡占化が進むが、生き残りをかけて少子化で縮小している国内のパイを奪い合っているのが現状。首都圏の学習塾で構成される教育団体の役員は「塾の生徒を1人集めるにも、多額の広告費を使わなければならない時代。名簿が高額でも、ピンポイントで営業がかけられるのでペイできる」と指摘する。


個人情報の需要が高まる一方、供給側の名簿業者は「大小を問わず塾関係者から問い合わせは多いが、あまり名簿がなく思ったように情報を提供できないケースも多い」と厳しい状況を打ち明ける。

理由としては、17年の個人情報保護法の全面施行以降、警察の捜査や緊急時の負傷者情報などのケースを除き、本人の同意なしに名簿の作成や販売が厳しく制限されたためだ。加えて、それまで重要な情報入手ルートだった住民基本台帳の閲覧も18年から営利目的での閲覧ができなくなったことも挙げられる。


都内のある名簿業者では1人当たり10~30円の料金を設定しているが、「受験が本格化する中学生、高校生に比べ、その予備軍に当たる8歳以下の子供の名簿は品薄。幼い子供のデータを集めておけば、高校、大学入試、さらには成人式と長期にわたって使い続けられるし、もし存在するなら価格は高騰するはず」と明かす。

別の都内の名簿業者によると、保護者向けのイベントを開催し、アンケートに住所や子供の氏名、年齢などを書いてもらうやり口で1回に30~40件ずつ情報を収集している。中には、子供に限定した名簿業者もいるという。

関係省庁によると、24年度の情報漏洩の件数は319件で、年度によって若干の増減はあるが、統計の残る17年度に過去最多だった1556件から着実に減少している。原因は従業員らの不注意が72%を占めたが、一部では意図的な漏洩もあるという。