英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール奮闘記 ベルリッツに3ヵ月通って思ったこと of web site.
ベルリッツに3ヵ月通って思ったこと
英会話スクール奮闘記
2011年 5月 09日(月曜日) 00:00

結論から言うと、ベルリッツをはじめ大手と呼ばれる英会話学校では、話すことが目的で、話したいことは何もないのでは、と思われる。


私が高校に入る前に得た知識では「日本人は恥ずかしがり屋だから自分から話さず、なかなか上達しない」というのが定説だったように思うけれど、ベルリッツではそんなことはなかった。

たいていどの生徒(奥様が多いが)も、英会話スクールに行ったことがあるか、海外旅行によく行く人が多いせいか、バンバン発言する。それに、私は「ヒアリングできているから中級」なんて言われてそんな気になっていたけど、クラスの人(グループレッスンだから)ほとんどが私と同じくらいかそれ以上、聞き取れている。じゃあ、私も堂々と「初心者」ではないか。がっかりだ。まあそれはともかく、クラスのほとんどの人は、たとえ答えが間違っていても、「ああ、そうか」と笑うだけで和気あいあいとグループレッスンは進んでいくのだ。もっと若い人たちは恥ずかしがっているのか、他のグループレッスンの様子を見てみようとしたが、一番込むはずの19時にも若い人は少なかった。やっぱりベルリッツのレッスン料は高すぎるのか?

ただ、気になることはいくつかあった。一つは「フリー・コンバーセーション」の話題を持ち込むことが少ない、ということ。生徒たちから「これを話そう」という提案はほとんどないので、いつも先生が持ってきた記事や話題をテーマにすることだけのようだった。

私はときどき提案していたけど、こういう傾向はやはり「英語が話せるようになりたいけど、話したい内容はない」と言われる通りかもしれない。大手の英会話学校ではほとんどそうだと言われてきたが、まさかベルリッツまでこうならば、もう大手に未来はないんじゃないか、と思う。