英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクール・オンライン英会話・TOEIC教材・最新の英語学習法はこれだ! 話題の英語学習方法を「すぐに英語が話せる」魅力的な宣伝文句を徹底調査「海外留学」「フィリピン人のオンライン英会話」 of web site.
話題の英語学習方法を「すぐに英語が話せる」魅力的な宣伝文句を徹底調査「海外留学」「フィリピン人のオンライン英会話」

3 海外留学・ワーキングホリデー

アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏への留学・ワーキングホリデーはもちろんのこと、最近はフィリピンなど格安の海外英語留学がブームになっている。ただ、費用面の安さは魅力だが、特にフィリピンやセブなどの非英語圏への留学自体に疑問を唱える声は多い。


オンライン英会話もそうだが、日本人同士で固まって、現地の人も観光客だと思って簡単な英語でしか話さない。それでは本当に英語力は上がらない。街の英会話スクールなど、いくらでも日本国内で実践の場がある今は、必ずしも英語習得だけのためにフィリピンを留学先に選ぶ必要性はどこにもないのだ。

英語のために海外留学するのは、現状の環境を考えると効率がいいとは思えない。英語を使ってビジネスや別の学問(専門性)のためアメリカやイギリスに渡航するのが正しい留学の考え方だからだ。英語習得のための海外留学は目的と環境を見極める必要性はまだまだあるようだ。


4 フィリピン人のオンライン英会話


ここ数年で一気に広まったオンライン英会話だが、1レッスン100円前後で受講でき、マンツーマンレッスンということで人気も高くなっている。深夜まで開講している業者も多く、ビジネスマンでも利用しやすい。

レッスン料金が格安なオンライン英会話は講師はフィリピン人や東欧人など非ネイティブスピーカーだが、日本国内在住のネイティブ講師を選べるところもある。ちなみにDMM英会話にはほとんどネイティブは所属していない。


気になるのが、英語のネイティブかそうではないかで、英語の質は変わるのかということだ。日本人より英語が話せるからといって、100%ネイティブと同じ発音ではないので、実用面では不安が残る。それよりも、非ネイティブの方が自分の学習経験を活かし指導してくれることもあり、超初心者には向いているかもしれない。


英語は今やグローバル言語としてアジアでも用いられることが多くなった。つまり、必ずしもアメリカ人やイギリス人などネイティブとだけ英語を話すとは限らない。英会話は他流試合のようなもので、実践の場では瞬発力が求められてくる。となると、聞かれたことに答えるだけと考えがちだが、こういったサービスはその部分だけ考えればいいかもしれない。

肝心なのは、イエスやノーだけで終わる会話だけでなく、自分の考えや意見を話せる場としてサービスを利用することだ。会話量は、自分が相手よりも多く話すくらいの意識は必要となる。フィリピン人相手にだらだらと短文のやり取りだけするのは25分100円といってももったいない。時は金なりということだ。


日本に住んでいるフィリピン人がどんな人達なのかフィリピンバーに行けば一目瞭然だが、日本人は皆同じように見えているので「やっつけ仕事」感は拭えない。文化的にも人間を軽く見ることがあるので注意が必要だ。それも複眼的に会話の幅が広がれば、英語学習にも弾みはつきそうだ。