英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 子ども向け英会話教室選び完全ガイド 子供向け英会話スクールへの質問3.「レッスンの詳しい内容を教えてください」 of web site.
子供向け英会話スクールへの質問3.「レッスンの詳しい内容を教えてください」
2015年 6月 26日(金曜日) 00:00

コラム冒頭では「英語ができるようになるって、どういうことなのですか?」で、英語を使えるようになるために必要なものを具体的に説明してきました。 


英語は、実はパズルのようなものです。前でお伝えした「4つのスキル」と「3つの知識」、そしてそれらを統括する「英語脳」を身に付けることができれば、英語を使えるようになります。


それはつまり、このことがわかると、子供の英語力のどこが足りなくて、どこを鍛えるとより英語力が高まるかが一目瞭然なのです。その時の段階に応じ、足りない知識ないしはスキルを高めてあげるレッスンを行うと、英語力が向上します。逆に言うと1つの知識・スキルだけを高めるレッスンをいくら受けても、他の部分が弱いままであれば、英語を使えるようにはなりません。

足りないピースを少しずつ足していく。

これが、英語を覚えていくことの真実です。だから、英語は実はパズルのようなものだというのです。 「レッスンの詳しい内容を教えてください」とお願いして、教えてもらったら、次はこのように質問してください。


「このレッスンは、子供にとってどのような効果があるのでしょうか?」


しっかりとこの質問に答えられるようであれば、ご安心ください。もしそうでない場合は、はっきりと「あなたの教室に通うことで、子供はどの程度英語力が付くのでしょうか?」と訊いてください。答えがあやふやだったり、説明が要領を得ない場合はご注意ください。講師自身、ないしはあなたを案内しているスタッフ自身がどうしてそのレッスンをするのか理解していない可能性があります。


もし、これが講師の場合は最悪です。どんな効果があるか理解していないレッスンを提供しているのですから、そんなレッスンに効果があるはずがありません。そういう講師は、子供の成長を本気で考えずに、お金を得る手段として英語を教えているにすぎません。真剣に子供の英語教育について考えている人であれば、いつも「どうやったらより効果的に子供たちに英語を教えられるのだろう?」と頭がいっぱいなので、その結果レッスンを工夫したり、より効果があるように指導法を学んだりなどしています。

そのため、どのレッスンがどういう効果があるかということをはっきりと理解しています。それを理解していないというのは、マニュアル通りに適当にやっているだけです。マニュアル通りに教えられても、あなたのお子様は伸びません。マニュアル+情熱が必要なのです。その情熱が、マニュアルに対する理解を生み、そしてより子供たちが吸収しやすいように教えることができる原動力となります。    


だから、レッスンの内容とともに、講師に対して「なぜ子供に英語を教える仕事をしているのですか?」と訊くのも非常に効果的です。その答えがあいまいであれば、単なる職業として、お金を稼ぐ手段として英語を教えているだけです。


ある時、私はこういう講師と出会いました。

英会話講師の人が集まって、レッスンの仕方や内容についてディスカッションしていた時です。7~8人くらいのグループでひとつのテーブルに座り、熱い議論を交わしていました。「自分たちのスクールではこう教えている。なぜなら、こういうことが子供たちにとって必要だと思うからだ」とか、「いや、それよりもこうした方が結果が出ると思う。なぜなら…」とか、みんな真剣に話しているのです。


これだけ英会話講師の人たちが火花を散らしながら子供たちのことを考えて頭をもう回転させているなら、絶対に日本の子供たちは英語を使えるようになるなと思えるものでした。


しかし、同じテーブルの中に数人、興味もなさそうな顔をしている講師がいました。中には、スマートフォンを手にとって画面をずっと見ている人もいたのです! 私は、はらわたが煮えくり返る気持ちでした。なんで、こんなに重要なことを話しているのに話し合いに混ざらずにぼーっとしたり、こともあろうかスマートフォンを見ることができるのでしょうか。

燃え上がる怒りを抑えながら、議論の合間を縫って彼らに聞いてみました。

「なぜあなたたちはこのセミナーに来ているのですか?」彼らの答えを聞いて、私や他の熱い講師たちの肩を落としました。「え、なぜって、上司に言われたからに決まっているじゃないですか」


このコラムを読んで下さっているあなたにお願いです。こういう講師からは、絶対にあなたのお子様に英語を学ばせないでください。英会話は教育です。 どんな講師・先生から学ぶかというのは、子供たちにとって一生の問題となります。