英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 子ども向け英会話教室選び完全ガイド 【子ども英会話教室コラム】日本で自分の英会話教室をはじめました of web site.
【子ども英会話教室コラム】日本で自分の英会話教室をはじめました
2015年 5月 29日(金曜日) 00:00

その後、 2010 年 5 月に日本に帰国し、日本での生活が始まりました。オーストラリアやニュージーランドで旅行会社を始めることは、グアムで学んでことをもとに現実的に考えるとよほどの資金がないと難しいと分かったため、再び海外に行くことは断念しました。

そのため、グアムから帰る前に何をしようかと考えを巡らしていたら、地元・千歳の商店街のイメージが降ってきて、地元の復興のために何かをしたいと強く思ったのです。


そして、千歳にある2つの事業所で働かせて頂き、この間に東日本大震災も経験しました。この帰国してから約2年の月日の中で、私たちがもっとも地域に還元できることは何だろうと考えていました。その答えの1つが、地元千歳に住んでいる子供たちに、「英語を学ぶことで世界が広がることを知ってもらいたい」ということでした。少しでも、千歳に住んでいる子供たちが英語を好きになり、そして世界で活躍できるようになってもらったら。


千歳は、今よりももっと活気があり、楽しくて海外の人も来やすい街になります。この方面から、地元を応援していこう、事業そのものをそこにつなげていこうと思い、主に子供向けの英会話教室をオープンすることにしました。

英語が全く駄目だった私が、英語ができるようになった過程を振り返り、また英語の教授法の本を読みながら、ノウハウをまとめました。また、妻がアメリカ人のため、本格的な英語を教えることができます。


彼女がいなければ、私は英会話教室を始めなかったでしょう。だって、いくら英語ができると言っても、言語外の文化は現地の人でしか教えられませんから。 そのような中、私は札幌でいろいろな英会話スクールを見て、または英会話スクールに勤めている方が書いた書籍を読んで、世の中には生徒さんを教えること以上にお金儲けが中心のスクールがあまりにも多いことに愕然としました。


だからこそ、このコラムの冒頭に出てきた、「5年通っても私の息子は話せない!」というお母さんが出てくるのでしょう。 こういうことを言うと、「自分のスクールを売りたいから、こんなことを言うのだろう」と疑う人がいるので、そういう方のためにあらかじめ説明させて頂きますが、私の教室で教えられる人数はせいぜい30名が限度です。質を考えると、それ以上増やすことはできません。物理的に不可能なのです。

だから、私はたくさんの数の生徒さんを必要としていません。私たちを信じて、一緒に頑張ってくれる生徒さんがほんの30人いれば十分なのです。


だから、このコラムは私が自分の教室の生徒さんの数を500人にしたいから、1000人にしたいから書いているわけではありません。そんなにキャパシティがありませんし、また通って頂く場合の通学可能な距離の問題もありますので、例えば千歳以外の場所に住んでいる人は通えません。

このコラムを手にする人は圧倒的に北海道在住者以外である人だということを考えると、私がこのコラムを書いてもそれほど生徒さんを集めるのには役に立たないとご理解いただけると思います。


それでも忙しい合間を縫って書いているのは、ひとえに「5年通っても私の息子は話せない!」というお母さんの悲鳴を日本から減らしたいからなのです。


次からは、いよいよこのコラムのタイトルでもある「子供向け英会話教室選び完全ガイド~体験レッスン時に尋ねるべき 10 つの質問~」の質問部分について深く切り込んでいきたいと思います。