札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクールの事業貢献度ウェブサイト価値スクールランキング 大手英会話スクールがブラック企業と呼ばれる理由(2) of web site.
大手英会話スクールがブラック企業と呼ばれる理由(2)
英会話スクールの事業貢献度ウェブサイト価値スクールランキング

私は、某大手英会話スクールで最初は正社員と派遣社員、最近はアルバイトやフリーランスで働いてきましたが、この業界では契約時は平均月200時間で差分を調整されていました。つまり、世間のまともな労働契約なら1日8時間・週休2日だとすると20日だから160時間が基準となるはずです。


英会話スクールNOVA岡山本校で対面レッスン再開 パーティション設置など感染拡大防止策を取り入れる

https://news.yahoo.co.jp/articles/c1fae4ddb0e9c3b049727e95cf7c0c34d7ac659f

しかし、大手英会話スクールのほとんどが「残業は当たり前」としているようで、酷いところでは残業20時間をタダ働きさせています。1日1時間程度残業で済むどころではなく、1日4時間残業は当たり前だった旧NOVAやジオスはそれで経営破綻してしまいました。


それでも仕事が終わらないと、社員たちは焦っているのは今もあまり変わらない現実です。10年前は、酷い職場では「残業30分範囲以内」が適用されていました。ところが、最近の求人情報を見ると「「1分を超えても残業代を出す」と掲載されています。


そこまで主張しなければ、誰も応募してこないということです。カネで人を釣る会社というのは、ほとんどがいわゆる「ブラック企業」であると思います。若い人はこのことを肝に銘じておくことです。


英会話スクールに勤務している人(受付・日本人講師)のほとんどは日本人女性で、逆に外国人講師はほとんどが男性です。受付で使っているパソコンは10年前に発売されたWidows7のOSを10に無料アップグレードしたものです。


テレビCMや電車広告費は湯水のように使いますが、PCなどの電子機器をケチるのが特徴です。私は英会話講師で同僚の受付スタッフ(20代の女性たち)と一緒に働いていました。この業界では女性でも差別なく働けます。しかし、残業の差別もありません。


夜9時で帰れることはなく、終電にギリギリ間に合わせる日々が続くこともあります。会議室のテーブルの上で寝てしまって、そのまま朝になったことも何度かありました。朝10時に出勤してきた40代の女性マネージャーに起こされたこともあります。


私は、彼女の目の前で顔を上げた瞬間、口からよだれを垂らしながら飛び起きたこともありました。20代の受付スタッフたちも、女性らしさを捨てて、髪振り乱して会社に泊っているのはどう考えてもおかしいと思ったはずです。


さらに、一緒に仕事していた若い女性社員は、仕事を終えると支社の別プロジェクトの会議に戻り、家でなく会社に帰っていったことを思い出します。その後、また会社から教室に戻って来ていました。


白いワイシャツが袖まで真っ黒になってずっと家に帰っていなかったらしく、本人からはへんな臭いが漂っていました。これが、大手英会話スクールの現実であり、2020年の今もさほど変わっていないと思います。


スクールの受付では、単なる事務員のスタッフが無言でパソコンに向かってキーボードを叩いています。これを「手を動かしている」と業界では呼ばれています。それが、クレームなどが入って顧客対応ができていないと判断されると、本社からは「仕事していない」と見なされることになります。


今、私はこのことを書いていて、つくづくどうしようもない業界と思っています。一昔前の職場では、オフィス内に死角があって、上司の目を盗んでゲームしている社員もいました。現在は、上司の席から画面を見ている社員が丸見えとなっています。


職場では、社員同士の日常会話はありますが、上司やマネージャーは黙ってそれを監視しており、会話の声や笑い声が大きくなってくると疑われます。要求されるのは、顧客が挫折して退会していないかの報告です。退会者が増えると「なぜ?」となってきます。