英会話スクールの実力委員会が発表する、大阪、名古屋、横浜、東京、仙台、札幌の英会話スクールランキング!英会話教室を徹底比較し評判や評価を口コミ、体験談で公開!

You are in: Home 英会話スクールの事業貢献度ウェブサイト価値スクールランキング [倒産危険度コラム]大手英会話スクールには要注意!経営状態が危ないスクールのサイン of web site.
[倒産危険度コラム]大手英会話スクールには要注意!経営状態が危ないスクールのサイン
英会話スクールの事業貢献度ウェブサイト価値スクールランキング

私は以前、某大手英会話スクールで働いていたことがありました。ノルマを達成しろと毎日上司に叱られ、残業は多くて休みは少ないというハードな毎日を過ごしていましたが、残念ながらその会社は倒産してしまいました。


今振り返ってみると、「これは経営状態が怪しい」と思わせるサインがいくつかあったように思います。そこで今回は、倒産に追い込まれた怪しい英会話スクールで働いていた経験をもとに、評判の良い語学学校と通わない方が良い語学学校の見分け方を紹介します。英会話スクールに通ってみようと考えている方の参考になればと思います。


これは筆者個人がとある英会話教室で経験した内容を元にしているので、日本全国全ての英会話教室に当てはまるわけではありません。


 ① 社員、講師の入れ替わりが激しい


私が働いていた教室は社員や講師の入れ替わりが非常に激しい職場だった。業績の良い社員は次々と成績の上がらない地域の教室に回されることになる。半年ごとに別の教室に異動することが多く、それも急に「○○県に行ってください」といわれた。会社が社員を大切にしておらず、使い捨てにするような社風だったため、離職率が高く、新卒社員の半分以上が3か月以内に辞めていった。


社員や講師がしょっちゅう入れ替わってしまうということは、生徒の英語力向上を長期間サポートしてくれる人がいないということだ。英会話スクールを最初に訪ねた時などに、他の生徒さんに「この学校の社員は入れ替わりが激しいかどうか」をこっそり聞いてみるべき。社員を大切にしない英会話スクールが生徒のことを大切にできるわけがない。


② 上達してないのにレベルアップさせられる


レベルごとに違う教材を使っている大手英会話スクールがよく行う手口。経営が危ないスクールは何としてでも今月の売り上げに数字を計上しようと必死になる。そこで思いつく方法が、教材費だ。年間契約などの大きな契約とは違い、数字としては小さいが、それでも数字は数字。生徒を「すごいですね、こんなに上達しましたね!」と褒めまくり、クラスのレベルを無理矢理上げて、上のクラスで使う教材を新しく買ってもらうという方法を取る。


レベルを上げるべきかどうかを判断するのは担当講師だが、英会話スクールでは生徒に教材を売れる先生が「できる先生」として出世していくので、講師側も「今月中に○人に教材を買ってもらわないといけない」とプレッシャーをかけられる。自分では上達した実感もないのに、上のクラスにすすめられたら要注意。


③ かなり先の契約更新を勧めてくる


余程切羽詰った経営をしている英会話スクールがする方法だ。半年後の契約を先週したかと思えば、今週にはさらにその半年後の契約更新を勧めるようなスクールもある。これも、スクール側がなんとか今月の売り上げ計上しようと必死になっているからだ。「その頃には席が確保できなくなるかもしれない」など適当な理由をつけて説明する。


スクール側もどの生徒が「頼まれたら断れない人か」を熟知しており、社員は心を痛めながらも、お金が取れる人からは取れるだけ取ろうとする。経営が危ないスクールはまさに後がない状態だ。


④ 外国人講師のスーツがいつ見ても同じ


外国人講師の身なりも注意すべき。英会話スクールの経営が傾いたとき、一番にしわ寄せが来てしまうのは外国人講師だ。講師に給料が払われていなかったり、講師のスケジュールお構いなしにレッスンを詰め込まれるなど、精神的にも肉体的にも疲れ切っている可哀想な外国人講師が少なからずいる。外国人講師が疲れた顔をしていたり、いつも同じスーツを着ている学校は要注意。外国人講師に十分な休みとお金が与えられているかは必ずチェックすべき。


⑤ 分割ではなく、一括払いを勧めてくる


倒産寸前の学校は、「一括なら手数料がゼロなのでお得です」などと言ってにわかに分割でなく、一括払いを勧めてくる。これも今月の売り上げに計上するための方法だが、社員側も月ごとのノルマをこなすのに必死だ。経営が危ない会社の共通点は、将来的にもらえるお金よりも今もらえるお金にしがみつこうとする点だ。


⑥ 同じ地域の○○校が最近閉鎖した


全国に何校もある大手の英会話スクールの場合は、その会社が最近何校新しく開校し、何校閉鎖したのかを調べてみるべき。最近になって、閉鎖が続いているスクールは経営状態が危ない可能性大。逆に、今たくさん開校している学スクールは経営が上り調子だと見ていい。教室の閉鎖は生徒の信用問題にかかわるので、会社側としては何としてでも避けたい事態。それでも閉鎖しなければいけない状態と言うのは、よっぽどのことだろう。規模が縮小傾向にある大手スクールは、上にあげたサインのいずれかが当てはまっているはずだ。開校数、閉校数はわかりやすいバロメーターといえる。


勧誘がしつこかったり、今すぐ売り上げがほしいというようなことを匂わすようなスクールはまず注意した方がいい。英会話スクールなどのおけいこ事は、実際にそこに通っている生徒に話を聞いてみるのが一番いい方法だ。評判の良いスクールは「実際に英語力は上がったし、講師も熱心でとてもいい雰囲気」、「社員も親身に相談に乗ってくれるので今後も続けたい」などのポジティブな反応が返ってくる。


反対に経営も評判も悪いスクールは「契約期間が今月までだからそれまでは通うつもり」のような、後ろ向きな返答が返ってくることが多い。英会話スクールを選ぶ際は実際にそのスクールに出向いてみて、社員や他の生徒と話してみるのがいいだろう。